思考法

「見返して、土下座して借りてくれ言わしたるぞ〇ソが」と反骨心を心に秘めて、表面上は手もみして下手にでる方が良いのでしょうか。

質問

ビジネスの事でお伺いします。零細製造業二代目でして、銀行との付き合い方についてなのですが。担当が変わって、なんとなく「舐められてるかな?」な感じがしております。担当が前の人より若いのもあるか、とも思いますし、なかなか融資条件が厳しい昨今なので、業績がパッとしてない以上、そうなるのも仕方ないか、と反省はしてるのですが。先日、個人のフリーローンの申し込みを打診され、しぶしぶ申し込み用紙に記入したのですが、音沙汰なく、こちらから別件の時に連絡したら「落ちました」と一言だけいただいた時に「そっちから連絡してほしいのだけど」と思ってしまいました。ビジネスを続ける上で、銀行とは協力的にしないとはいけないのでしょうけど、そういう事も疎かにされるのは嫌な気持ちになります。「見返して、土下座して借りてくれ言わしたるぞ〇ソが」と反骨心を心に秘めて、表面上は手もみして下手にでる方が良いのでしょうか。業種、規模が違うので難しいかもですが、ご教授願えれば幸いです。

回答

銀行とのお付き合い方は難しいですよね。僕の場合は真逆で、ウェルスマネジメントサービスが拡充されれば各行から「かどうですか?」とプレゼンがあるし、頼んでもいないのにいろんな金融商品を勧めにくるし、なにかあれば「少しでいいから借りてくれませんか?」と言ってきます。仕方なくお付き合いすることもあります。

最近、某メガバンクの富裕層向けサービスで専従の担当者が1人ついたことでどうにか交通整理がしやすくなったところです。銀行は「晴れの日に傘を貸し、雨の日に傘を取り上げる」とよく言いますが、まあその通りなんでしょうね。

経営者であってもフリーローンの審査に通らないような信用状態で、会社の運転資金を銀行から借りる必要があるなら、これは「この野郎」と思っても、「いつか見ていろ」という反骨心をうちに秘めながら、お付き合いしていくしかないような気がします。担当者を変えろとも言えないでしょうし、他の銀行にあったりしてそれが銀行にバレてヘソを曲げられたら、いっかんの終わりですからね。現状、銀行から見てあなたの会社は、いつ切ってもいいし、借りたいなら借りれば、という存在なんだと推測します。

まずその担当者がいつまででもついているものではないでしょうから、我慢して担当者が交代するのを待つんですね。ただ銀行から見たら瑣末な客ですから、経験の浅い行員がつく可能性はどうしても高くなるでしょう。性格の良さそうな人がついたら、この人を育てようという気持ちで付き合うんですね。

できれば会社の景気が良い時を選んで、あえてその時にできる限りの借り入れをして、借り入れ実績、つまり枠を確保しておくのも良くある手です。

見栄を張ってメガバンクと取引をする中小企業の経営者も見かけますが、もしそうだったら、出来るだけ自分のことを大切に扱ってくれる金融機関にしたいです。自分で「零細」と思っていらっしゃるなら、メガバンクでも地銀でもなく、信用金庫や信用組合がいいと思います。さきほど他の金融機関はと申し上げましたが、できれば複数の金融機関とお付き合いする実績は作っておきたいです。今お付き合いしている銀行もメインは自分でサブに信金を付けようとしていると思えれば、割と心象がいいです。一銀行に生殺与奪の権を握らせるのは、僕だったらとても怖くてできません。

なかなか手が回らないかもしれませんが、銀行向けの事業計画書やできるだけスパンの短い財務資料を作って銀行に渡します。内部情報を良いことも悪いことも開示してしまって、銀行が経営に噛んでくるようにします。中小企業やベンチャー企業の経営資料はいい加減なものが多いですから、この辺を変えると、銀行も少し見直すと思います。特に若い担当者であれば、自分で判断することなんてほとんどないはずで、何をするにも上長に報告して決裁を仰いでいると思います。そうなった時、担当者が口頭で説明すると何を言い出すかわかりません。その時にあなたが作った紙ベースの資料があると、やっぱり強いです。

あなたは担当者が来るのを待っているようですが、相手にとっては優先度が低い客なわけですから、自分から銀行に出向いてしまった方が銀行の心象が良いでしょう。銀行が開催する中小企業向けセミナーには欠かさず参加してください。こうしていると担当者以外の人たちとコネクションができますし、銀行側はあなたのことを「やる気がある経営者」と思うはずです。

とにかく自分の都合ばかり考えず、銀行側からあなたの会社、そして経営者であるあなたがどう映っているか、よく分析してください。そして少しでも銀行の心象を良くして信頼されることに尽きると思います。そういう状態になって、銀行側が長い付き合いができる会社であると判断すれば、銀行もそうそう無碍な態度は取らないものです。

 

 

相場予測noteを無料お試しできるキャンペーン!

  • 相場当てまくりの相場予測noteを無料で読める!
  • 秘密の爆益銘柄を無料でチェックできる!
  • 紙書籍が郵送されてくる!
  • 総額1万円相当を無料でプレゼント!

超豪華な特別キャンペーンをIG証券様が実現してくれました!

ダナハーちゃん
ダナハーちゃん
全部無料ですごい🐰❗
  • 私の相場予測を無料で読める!
  • 総額1万円相当のプレゼントを無料でゲットできる!
【見ないと損する!】無料で読める!非常に高い的中率の相場予測noteで爆益を掴み取ろう!【悪用厳禁】イナゴで爆益!大好評の相場予測! 先出しで相場予測を公開しているので、誰でも簡単に真似できます! 私は東大を卒業後、大企業に...

IG証券でしか取り扱っていない投資対象が山ほど存在するため、私のように幅広い投資対象へ投資するなら必須の口座ですね!私自身もIG証券を利用しています!

秘密の爆益銘柄も公開中!

ブログの記事は全て無料で読めますが、【相場予測note】に関しては有料記事となっています。

ダナハーちゃん
ダナハーちゃん
無料記事でもすごいなら、有料記事はもっとすごい!
▼相場予測・神託note

予言書とか言われちゃうレベル!?
驚異の的中率!爆益銘柄の公開!
別格すぎる相場予測を公開中!

カテゴリー一覧
カテゴリー内人気記事