最新ポートフォリオ

【新提案】3つのETFでお手軽バランス投資!【東大バフェットポートフォリオ】

東大バフェットです。

本ブログをご覧の方々の中には、

ダナハーちゃん
ダナハーちゃん

市場平均を超える投資をしたい…!

といった方々も多数いらっしゃることでしょう。

そもそも身も蓋もないことを言ってしまうと、以下の方法を実行するだけで十分なんですよね。

これだけで投資成果としては十分すぎるものが得られますからね。それでもこうして本ブログを購読している賢明なる投資家の方々はS&P500をアウトパフォームしたいと考えていることでしょう。というわけで本日はお手軽バランスポートフォリオの紹介です。

いや、もしかしたら、投資の話題ではなくエンタメを求めているのかもしれませんね。ギャルコスト平均法とか。

ギャルコスト平均法①~ギャルとの邂逅編~【ズームちゃん】東大バフェットです。 東大バフェットといえばドルコスト平均法。 そういったイメージをお持ちの賢明なる投資家の方々もいらっしゃ...

東大バフェットポートフォリオで採用するETFの紹介

採用するETFは以下の3つです。

  • VGT(ハイテクセクターETF)
  • QQQ(ナスダックの非金融企業上位100社のETF)
  • VIG(連続増配株ETF)

これによりハイテク系の成長をしっかりと取り入れつつ、財務がピカピカな企業群に投資することも可能となります。

VGTとQQQの構成銘柄

VGTとQQQは比較されることも多いETFですね。ざっくり言うとハイテク系に投資することが出来ます。

とりあえず上位10銘柄を出しておきます。気になるところを赤く塗っておきました。(2020/03時点)

VGTとQQQの簡易まとめ

VGTの特徴

  • APPLとMSFTに偏っている
  • 決済系のVとMAがある

QQQの特徴

  • GAFAM全てが含まれている
  • 比較的バランスが良い

気になる方はブルームバーグで銘柄を確認しましょうね。
VGT-ブルームバーグ QQQ-ブルームバーグ

【VGT/QQQ】構成銘柄の解説及び比較 ハイテクってアイキャッチ画像探すのめっちゃ楽ですね。 今日からは真面目な記事を書きますね。あ、いつも真面目ですけどね。 ...

VIGの構成銘柄

VIGは若干馴染みが薄いかもしれませんね。

ざっくり言うと財務がピカピカな企業群へ投資することが出来ます。

VIGは連続増配ETFとして知られていますが、しっかりと財務面でのチェックも入っています。連続増配なだけですとXOMとかXOMとかも…ね。

VIGの構成銘柄は以下の通りです。

マイクロソフトは神。その他もウォルマートやP&GやVISAやJNJやマクドナルドやコストコや…。なんかみんな強そうなのばっかですね。

連続増配を行うことが出来る上に財務もピカピカな企業なので当然ながら体力のある強い企業しか含まれないわけですね。

余談ですが、高配当株ETFよりも連続増配株ETFの方が良いのではないでしょうか…。

高配当ETFを東大バフェットが選んでみた!【SPYD/VIG】東大バフェットです。 先日は東大グレアムに高配当株ETFの解説をしてもらいました。 今日はその続きです。 まあぶっちゃ...

サイクル分散の概念

VGTとQQQを購入することで、今をときめくハイテク系の銘柄(ギャル銘柄)にざっくりと投資することが出来ます。

それに加えてVIGという連続増配株ETFを加えることで、全盛期~成熟期への過渡期にあたるような安定した企業群へ投資することも出来るわけですね。

わかりやすく例えましょうか。(20代、男性目線より)

  • 20代→今をときめくギャル銘柄(ハイテク株)
  • 30代→落ち着きがあって優しく何でも受け止めてくれるオトナのお姉さん(財務もピカピカな連続増配株)

非常に分かりやすい安定のポートフォリオですね!

いやそのつまり、ガッツリとした成長と、安定感の両取りを狙うってことです。

ギャル投資の真髄と本質東大バフェットです。 まずはこちらのアンケート結果をご覧下さい。 https://twitter.com/utbuffett...

まとめ

  • VGT/QQQでギャルへ投資し成長の取り込みを狙う
  • VIGでオトナのお姉さんへ投資し安定感と両立を狙う

なお、3つのETF全てにおいてめっちゃ大きく割かれている企業があります。

そう。

マイクロソフトですね。

まあマイクロソフトは神なので問題ないでしょう()

なお、需要があるようであれば、東大グレアムが詳細をまとめた記事を執筆してくれることでしょう(本人の許諾を得ないまま面倒なことを全て丸投げ)

投資は自己責任ですし本来は自分で投資対象くらいは調べるべきですが、まあ個別株ではなくETFですし良いでしょう!東大グレアムがまとめてくれることでしょう!!!

需要を確認する魔法のボタンはこの下にあるぞ!

→需要が高かったのでまとめました。

https://selfinvest.net/2020/05/10/proposal-high-tech-continuous-dividend-increase-portfolio/

※投資は自己責任で!ゴッドラック!

▼投資の基礎まとめ▼

初心者はまずはコレからスタート!
別格のインデックス投資を学べます!

▼リスク管理まとめ!▼

リスク管理が気になる方へ!
注意すべき点をまとめてあります!

▼レバレッジまとめ!(前編)▼

レバレッジを始めたい方向け!
レバレッジ初心者からでも大丈夫!

▼レバレッジまとめ!(後編)▼

さらに深い理論がここに!
究極のインデックス投資を学べます!

ブログ村応援クリックお願いします!

ABOUT ME
東大バフェット
東大バフェット
東大卒新卒1年目で資産2000万円を達成。新卒2年目の8月現在では3500万円を運用。投資の長期戦略を超ロジカルに解説します。米国株投資の普及により日本を強くしたいと本気で考えております。米国株ブログPVランキング1位を達成。いつも応援ありがとうございます♪
カテゴリー内人気記事

POSTED COMMENT

  1. アバター @cosmo__ より:

    ETF、いいですよね。
    米国株では有名な銘柄でもスピンオフで会社が分離されることがあるため、スピンオフの対象になると特定口座から一般口座に払い出しされてしまって確定申告が面倒になることがあるんです。

    • 東大バフェット 東大バフェット より:

      一般口座にされて確定申告めんどうになることがあるのは知らなかったです。。。。。。まじか。。。
      いつもありがとうございます!

  2. アバター 匿名 より:

    VGTとQQQを両方買うのであれば、経費率の低いVUGの方がいい気がします。比較記事お願いします。

    • 東大バフェット 東大バフェット より:

      VUGも良いですよねめっちゃ分かる。
      今回はハイテクの伸びを取り入れる感じでやってみましたが、好みの問題ですし、VUGも良いと思います!

      >東大グレアムへ
      VUGもそのうち書いといてw

  3. アバター 匿名 より:

    QQQ、VGTの大型と小型ETFのパフォーマンスにも賭けたいのでIJRを検討しています。
    東大バフェットさんの小型ETFへの考えを記事にして欲しいです。

COMMENT

メールアドレスが公開されることはありません。