ハイテク・グロース株投資

テスラが採用されるとSP500はどうなるのか?

東大バフェットです。

テスラが採用でGAFAMが売られる!?

これはなぜでしょうか。テスラが採用される際にS&P500の中身がどうなるのか、なるべく分かりやすく解説をします。

東大バフェットが分かりやすく解説しようとすると何故かネタに走るという説もありますが、まあその辺りは勝手に筆が進んでしまうので仕方ないでしょう。

とある投資家のポートフォリオ

とあるカリスマ投資家が真の優良銘柄10種と掲げて以下の10種を以下のような比率で合計100万円保有していたとしましょう。S&P500は時価総額加重平均ですから、時価総額の高い株は多めに持つことになります。

上表のように合計100万円の保有ですね。今気づいたけどAmazonって値嵩株だから1株30万円しますね。15万円じゃ保有できないじゃん!!

今からグラフを直すのめちゃくちゃめんどくさいのでPayPay証券(旧One Tap BUY)でも使っていることにしましょう。便利ですねPayPay証券(旧One Tap BUY)(怠惰)

テスラをS&P500に採用するとは

採用するってことは、上記のポートフォリオにテスラをねじ込むということです。テスラは時価総額が高いのでフェイスブックと同じくらい買わないとダメですね。

どっかから現金を持ってきて買うのではなく、今既にある100万円の金融資産を切り売りしてテスラを買うのです。

ちなみにS&P500からテスラと入れ替えになる銘柄もありますので、その銘柄の売却によって得られた資金はテスラ購入に回すことができますが、テスラより時価総額が高いGAFAMがS&P500から抜かれることはまずないでしょうね。

というわけで今回はなんの意図もなく適当に選択したに過ぎない1銘柄をS&P500から外してみます。

こんな感じですね。

さらにテスラをフェイスブックと同じだけ保有するために、他の株を切り売りします。

こんな感じになりますね。

取引まとめ

今回行った取引を見てみましょう。

こんな感じですね。

GAFAMのように時価総額のでっかい銘柄ほどたくさん売られています。

反対に、ダナハーちゃんはあまり売られていませんね。

また、当然ですが除外される銘柄は大きく売られます。

このように売却を行い得た資金でテスラを買うというわけです。

まとめ

上記のような作業を機関投資家がやらなくてはいけないため、S&P500における時価総額の高い株は売られがちになります。※この作業のために売らざるを得ないのはある一方で、安くなるGAFAMを買う人もいるでしょうし、今後の株価の予想をしているわけではありません。

そして機関投資家がテスラを買わなくてはいけないため、テスラは少なくとも短期的には値上がりするだろうと言えますね。そこで東大バフェットはテスラがS&P500に採用されるというニュースを見て、テスラへポートフォリオの10%くらいをぶち込んだというわけです。

以前の記事でも書きましたが、『不必要なリスクを取る必要はない』というのが東大バフェットの考えです。

テスラ集中投資はイケるか!?東大バフェットです。 テスラはいつまで持ち続けますか? テスラに資産の80%割いてるんですが大丈夫ですか? こ...

東大バフェットのおすすめポートフォリオをみながら、基本は優良ETFで固めた上で残った枠で個別株で遊んでみるのは良い経験になるかもしれませんね!

※投資は自己責任で!ゴッドラック!
にほんブログ村 株ブログ 米国株へ

ダナハーちゃん
ダナハーちゃん
いつも応援ありがとうございます🐰💕
東大バフェット
東大バフェット

本ブログは無料で記事を公開しております。お役に立てたようであれば、以下のまとめ記事もぜひご覧くださいね!

ダナハーちゃん
ダナハーちゃん

無料記事でもすごいなら、有料記事はもっとすごい…!?

▼投資の基礎まとめ▼

初心者はまずはコレからスタート!
インデックスでインデックスを上回る!?
別格のインデックス投資を学べます!

▼レバレッジまとめ!(前編)▼

レバレッジを始めたい方向け!
レバレッジ初心者からでも大丈夫!
レバレッジETFで投機ではなく投資をしよう!

▼レバレッジまとめ!(後編)▼

さらに深い理論がここに!
究極のインデックス投資を学べます!

▼リスク管理まとめ!▼

リスク管理が気になる方へ!
注意すべき点をまとめてあります!

ABOUT ME
東大バフェット
東大卒新卒1年目で資産2000万円を達成。現在は金融資産3000万円+海外不動産に2000万円を投資。デリバティブを用いた高度なレバレッジ戦略を実践しています。投資はギャンブルという誤解を消し去り、米国株投資の普及により日本を強くしたいと本気で考えております。米国株ブログPVランキング1位を達成。いつも応援ありがとうございます♪
カテゴリー内人気記事