コモディティ・商品先物

【予言的中!】ゴールド・シルバー爆上げ!儲かりすぎて草なんだがwww

東大グレアムです。

最近は寝て起きると金が増えていますね。

理由はこの貴金属たちです。

はい、金と銀ですね。

しかしあまり書くことがないんですよね。

なぜ書くことがないのかといえば、既に何度も貴金属、特にゴールドとシルバーが上がるという予想を書いているからですね。

【予言的中!!】ゴールド大暴騰、やはり現金はゴミか東大グレアムです。 コロナショックによる経済への悪影響を相殺するため、各国の中央銀行はひたすら紙幣を刷りまくりました(現代は電子決...
【朗報】貴金属が大幅上昇!ゴールドは心理的節目を突破し過去最高値を目指す!!東大グレアムです。 7月20日の市場はNASDAQ 100指数が大幅に上昇し過去最高値を記録しました。 7月21日の市場はハ...
【悲報】Microsoft決算でGAFAMが暴落!ゴールドは逃避先として輝きを増す!!東大グレアムです。 7月23日の市場は、Microsoft決算でのCommercial Cloud成長鈍化に加えて、失業申請の増加...
ゴールドが過去最高値を更新!Fedの更なる緩和予測で全てが上がる!!東大グレアムです。 7月27日の株式市場は、テクノロジー株が市場を主導して上昇しました。 また、貴金属市場ではゴールドが過去...
東大グレアム
東大グレアム

もはや米国株式投資ブログではなく貴金属デリバティブ投資ブログだった?!

東大グレアム
東大グレアム

まあ株価指数のデリバティブとSaaS現物株のポジションを合わせれば貴金属と同じくらい持ってるから・・・

というか、儲かると確信できていれば米国株だけに投資先を絞る必要もないと思いますけどね。きちんと裏付けがあれば投資対象は中国株でもインド株でもディストレス債でも良いわけで。

今回の貴金属のデリバティブでの買いポジションは米ドルの減価に賭けたものなので、FXでも似たようなポジションは構築できると思います。FXでやる場合の問題点は、買う先の通貨が発生してしまうので単純に米ドルの減価に賭けることができないですね。

コロナショックで各国が国家債務増大とインフレ路線を強めており、先進国の中では対GDP比率で相対的には米国の債務増大が大きいものの、似たり寄ったりの政策をしているため、どの通貨の価値も減価してしまっています。

よって米ドルの減価に”相対的にしか”賭けることができず、やりづらい面があるかと思います。

デリバティブについては仮想レバレッジポートフォリオnote後編で言及しております。

デリバティブは上級者向けです!初心者向けの内容は長期運用まとめnoteなどをご覧くださいね!

Gold

Silver

ゴールドが+2%以上、シルバーが+7%以上の上昇と大暴騰しています。

背景にあるのはもちろん金利とマネーサプライです。

米長期金利

なんと米長期金利(名目金利)は1日で8.5%以上も下落しました。

M2(マネーサプライ)

コロナショックでのマネーサプライの急激な伸びを見て、米ドルが減価しないと考えるほうが難しかった訳で、素直にポジションをとった者が報われる結果となりました。

Velocity of M2

Velocity of M2とは、貨幣の流通速度のことで、一定の期間内に1つの通貨単位を使用して国産の商品やサービスを購入する頻度です。つまり、単位時間あたりに商品やサービスを購入するために1ドルが費やされた回数です。お金の速度が増加している場合は、経済内の個人間でより多くのトランザクションが発生しています。

貨幣の流通速度は、ドットコムバブルが発生する直前の1997年にピークをつけ、そこからは減少していることが分かります。

更に、Fedがコロナ対策でM2を急増させた2020/Q1以降は、急激に減少しています。

政策金利

Fedは政策金利を下げて市中の金利を引き下げ、企業や個人がお金を借りやすくして経済を活性化させようとしてきたわけですが、その意図に反して、マネーは商品やサービスを売買する実体経済ではなく金融市場に流れ込んだことを意味しています。

どんなに市中にマネーが溢れようとも、人間の需要には限りがあり、金持ちになったところで同じ商品やサービスを複数必要とするかといえば、そういうわけではないからです。

金融市場に流れ込んだマネーは、商品やサービスを購入することには使われないわけですから、供給したマネーの量に比べれば実体経済は活性化せず、貨幣の流通速度が減少するわけです。

金融緩和をいくらやったところで、それは金融資産を押し上げて既存の金持ちをもっと金持ちにするのに使われるだけで、金融資産を持たない庶民には大して恩恵はありません。

それどころか、通貨の減価によって実質購買力が減少して困窮がより一層深まるだけです。名目賃金には硬直性があるので、M2や資産価格の伸びと比較した場合には、ほとんど全く上昇しないからです。

はっきり言って、現代社会において労働者階級の人間が、企業の賃金だけを当てにして生きていこうとすることほど愚かなことはないと思います。

だからと言ってアベガーとかシャカイガーとか、状況に文句を言っても当人には何もメリットが無いわけで、できることをやっていくしかありません。

所得の最大化、支出の最小化、金融市場への投資という方法以外で、格差が拡大し続ける資本主義社会を生き抜くのは困難です。

金融リテラシーを高め、個人で稼ぐ力を身に着けることこそが今後真に必要とされるものであると言えるでしょう。

内緒のおまけ

https://twitter.com/utbuffett/status/1290955915638669312

※投資は自己責任で!ゴッドラック!

▼投資の基礎まとめ▼

初心者はまずはコレからスタート!
別格のインデックス投資を学べます!

▼リスク管理まとめ!▼

リスク管理が気になる方へ!
注意すべき点をまとめてあります!

▼レバレッジまとめ!(前編)▼

レバレッジを始めたい方向け!
レバレッジ初心者からでも大丈夫!

▼レバレッジまとめ!(後編)▼

さらに深い理論がここに!
究極のインデックス投資を学べます!

ブログ村応援クリックお願いします!

ABOUT ME
東大グレアム
東大グレアム
東大バフェットの大学時代の親友。主に経済的側面からの短期・中期動向や投資スタイルを解説する。類まれなる頭脳と研究能力で東大バフェットを支える最強のブレーン。
カテゴリー内人気記事

COMMENT

メールアドレスが公開されることはありません。