ハイテク・グロース株投資

【比較】グロース株ETFとハイテクETF【VUG/QQQ/VGT】

東大グレアムです。

先日のハイテク・連続増配ポートフォリオの提案記事で、ハイテクの代わりにグロース株ETFはどうですかという質問をいただきました。

【新提案】3つのETFでお手軽バランス投資!【東大バフェットポートフォリオ】東大バフェットです。 本ブログをご覧の方々の中には、 といった方々も多数いらっしゃることでしょう。 そもそも身...
【新提案】ハイテク・連続増配ポートフォリオ【VGT/QQQ/VIG】東大グレアムです。 以下の記事で、低金利環境下での株式+債券のバランス型運用についての問題点を提示しましたが、解決策までは示してい...
読者様
読者様

VGTとQQQを両方買うのであれば、経費率の低いVUGの方がいい気がします。比較記事お願いします。

東大バフェット
東大バフェット

VUGも良いですよねめっちゃ分かる。
今回はハイテクの伸びを取り入れる感じでやってみましたが、好みの問題ですし、VUGも良いと思います!

>東大グレアムへ
VUGもそのうち書いといてw

東大グレアム
東大グレアム

なんかコメント欄から依頼が来てました。

比較対象・期間

VUG100%とQQQ/VGT半分づつのポートフォリオの過去10年間のリターンを比較します。

それぞれのETFの簡単な説明を加えておきます。

VUG:大型グロースインデックスに連動するETF

QQQ:NASDAQ100インデックスに連動するETF

VGT:情報技術セクターに連動するETF

セクターと構成銘柄

VUG

セクター

4割ハイテク、2割が消費財ですね。

上位構成銘柄

上位銘柄は、ハイテク部分はQQQとVGTを合わせたような感じになっていますね。

QQQ

セクター

半分が情報技術セクターです。

上位構成銘柄

おなじみのメンバーって感じですね。

VGT

セクター

自明に情報技術セクターですね。公式サイトを見ると、セクター内の分類が載っています。

上位構成銘柄

グーグルとアマゾンがない代わりにビザとマスターカードが入っているようなイメージですね。

バックテスト

いつものPortfolio Visualizerです。

ポートフォリオ構成

ポートフォリオ1がVUG100%(大型グロース)、ポートフォリオ2がQQQとVGT半分づつ(ハイテク)です。

リターン

大型グロースよりもハイテクのほうがリターンは大きいですね。

年次リターン

2010年~2012年は大型グロースの方がリターンが大きいですね。

それ以降ハイテクが逆転し、大型グロースを上回る傾向は、近年になって強まっているようです。

結果

過去10年間のバックテストの結果では、大型グロースよりもハイテクの方がリターンは良かったです。

VUGの上位銘柄のハイテク部分はQQQとVGTの上位銘柄と似通っていることから、それ以外のセクターが足を引っ張っている可能性が高そうです。

VUGに含まれていて、QQQ/VGTに含まれていない上位5社を抽出してみました。

HOME DEPOT INC(NYSE/HD)

MCDONALD’S CORPORATION(NYSE/MCD)

THERMO FISHER SCIENTIFIC INC(NYSE/TMO)

UNION PACIFIC CORP(NYSE/UNP)

NIKE INC(NYSE/NKE)

これらの株価チャートを見てみると、普通に上昇傾向でS&P500を上回っている銘柄ばかりですね。ただ、NASDAQ100インデックスに負けているものは半分くらいありますが。

とすると大型グロースと、ハイテクの差に影響を与えている大きな要因は、以下の2つが考えられそうです。

①GAFAM+VMAの合計割合が大きいか小さいか

VUGは、QQQ/VGTの上位銘柄の割合を少しづつ減らして他のグロースを買っているようなイメージですね。

以下の記事でも述べた通り、市場の牽引の大半は大型グロースによるものなので、これが減っていることが、QQQ+VGTに負けた原因と考えられそうです。

小型株ETFへの投資は市場をアウトパフォームするか【IWM/IJR】東大グレアムです。 小型株が大型株をアウトパフォームする”小型株効果”が知られています。 リーマンショック以降のパフォーマン...

過去10年は、S&P500の大型グロースの上位銘柄だけをピックアップして個別で持つことで、S&P500を大幅にアウトパフォームできました。

パッシブ運用の増加低金利政策は今後も継続するため、この傾向は続く可能性が高いとは思います(将来のことは分からないですよ)。

②下位の構成銘柄について、ハイテクセクターのほうが強い

いちいち調べられないので、あくまで推測です。

ポートフォリオ全体の割合としてはそれほど多くないので、やはり①の要因が大きそうな気はしますね。

お知らせ

note第2弾の前半、仮想レバレッジポートフォリオをリリースしました!!

仮想レバレッジポートフォリオ【前編】東大バフェットです。 仮想レバレッジポートフォリオの構想まとめ、遂に完成しました!! 東大バフェットがどういう理論に...
東大グレアム
東大グレアム

後半も近日中にリリースしますので、お楽しみに!!

※投資は自己責任で!ゴッドラック!

▼投資の基礎まとめ▼

初心者はまずはコレからスタート!
別格のインデックス投資を学べます!

▼リスク管理まとめ!▼

リスク管理が気になる方へ!
注意すべき点をまとめてあります!

▼レバレッジまとめ!(前編)▼

レバレッジを始めたい方向け!
レバレッジ初心者からでも大丈夫!

▼レバレッジまとめ!(後編)▼

さらに深い理論がここに!
究極のインデックス投資を学べます!

ブログ村応援クリックお願いします!

ABOUT ME
東大グレアム
東大グレアム
東大バフェットの大学時代の親友。主に経済的側面からの短期・中期動向や投資スタイルを解説する。類まれなる頭脳と研究能力で東大バフェットを支える最強のブレーン。
カテゴリー内人気記事

POSTED COMMENT

  1. アバター 某読者 より:

    VUGと似たような感じながら、50ドル未満のロットで購入できるSPYGが最近気になっていますが、QQQやVUGと比較するとデメリットもやはりあるでしょうか

COMMENT

メールアドレスが公開されることはありません。