積立NISA・投信考察

投資信託vsETFのどちらがおすすめか論争に終止符を打つ!

東大バフェットです。

投資信託とETF、どちらの方が良いかというご質問を頂きました。

久しぶりにマトモな質問を頂いた気がする。。。。

マトモじゃない質問の例は以下記事にしっかりとまとまっていますね!

【朗報】資産運用の相談を受け付けます!!【高配当株】東大バフェットです。 先日はめちゃくちゃ適当適切な記事を書いたんですが、まあ見てる人少ないんですよね。自明ですが。 ていうか...

あとタイトルは、なんとなく「論争に終止符を打つ!」って使いたくなっちゃっただけなんですよね。記事の中身ではちゃんと比較しているだけですよ。

ご質問内容

初心者から上級者までの幅広い投資者向けの記事いつも参考にさせていただいています。
現在投資に回してもいいと思っている現金が1000万円ほどあります30代です。
少しずつS&P500連動投資信託やVOO, VTIなど買付していこうと思っていますが、投資信託と米国ETFの直接買い付け、どちらがいいのだろうと思っています。
前者は円で買い付け出来て配当金が自動再投資される点がメリットですが、後者はSBI銀行で手数料安くでドル買付して指値で売買できるところがいいように思いますが、配当金の課税や確定申告の煩わしさはデメリット。
楽天カードの月五万の買付は設定してますが、その他の部分をどうするべきかなと悩んでいます。
S&P500などのインデックス連動投資信託と米国ETF直接買い付けの比較記事がありましたら嬉しいです!

つみたてNISA&楽天カードでおすすめ投資信託の購入手順まとめのコメント欄より

つみたてNISA&楽天カードでおすすめ投資信託の購入手順まとめ東大バフェットです。 本記事では、初めて株式投資を行う投資初心者の方向けに口座開設方法や投信積立設定の方法などをご紹介します。つみ...
東大バフェット
東大バフェット

ざっくり言うと、投信とETFのメリットデメリットの比較ですね!

さて、実は投信とETFのメリットデメリットを比較する上で、税金面と信託報酬・経費率は非常に複雑になっています。

そして税制はしょっちゅう改正されます!信託報酬と経費率もまあ将来的には変わるでしょう。

税制についてはつみたて次郎氏のブログに新しい情報が出ているのでこちらを参照すると良いでしょう。

本記事では複雑な税制の部分は軽く触れるに留めます。

まずは、コロコロ変わりうる税制や信託報酬・経費率について触れ、

その後、ある程度不変と思われるメリット・デメリットについて言及する形にしますね。

投資信託とETFの税制や信託報酬について

まずですね、税制の条件はコロコロと変動するんですよね。

そのため、20年後にどっちが有利なのかなんて神のみぞ知るところですね!

まずは現状をまとめます。

信託報酬・経費率について

信託報酬・経費率については投資信託のほうが高いですね。

そして信託報酬・経費率については差が縮まることこそあれ、逆転するのは難しいでしょう。

なぜなら為替を介さなくて良い点やら、規模感やら、その他諸々が有利だからですね。

税制について

これがころっころ変わるのでどうしようもないですね(白目)

無配当型の投資信託ですと、配当金が自動で再投資され、配当金にかかる税金を少し減らせるわけですが…。

ところが新しい税制だとわずかに分配金を出してもらった方がお得になるらしいですね。なんかもうごっちゃごちゃですよ。20年後の税制なんか分かったもんじゃないですね!

その他経費について

ETF直接買い付けは買付手数料も売却手数料も為替手数料も全て有料ですね。
SBI証券 では一部ETFの買付手数料無料化が行われていたり、これはこれで制度がコロコロ変わるわけですが。

投資信託は買付手数料も売却手数料も為替手数料も全て無料ですね。

これだけを見ると投資信託のほうがお得になるわけですが、これらは隠れコストとして乗ってくるわけですね。
(この辺は私はもはや些細な問題だと思っているため、詳しくは把握していませんが)

これら全てを加味しても現行の制度だとETFの経費率の安さの方がメリットとなるみたいですね。ほんとかなぁ。。。

まあ些細な問題過ぎて考えるだけマジで時間の無駄なので考えるのはやめましょう。ぶっちゃけどっちでもいいわ()

諸費用についてのまとめ

一旦ここまでの内容をまとめます。

  • 信託報酬・経費率についてはETFが有利
  • 差が縮まることこそあれ、逆転することはおそらくない
  • その他の税制などについてはコロコロと制度が変わる
  • もはや20年後にどっちがお得かを考えるだけ時間の無駄

というわけで、諸費用については現状ですとETF直接買い付けの方が若干有利らしいですが、考えるだけ無駄なので諸費用を決定打にする必要は恐らくないでしょう。(今のところは)

費用だけでは投資信託とETF、どちらがオススメとは言い難いですね。

ある程度不変と思われるメリット・デメリット

では次に、投資信託のメリット・デメリットと、ETF直接買い付けのメリット・デメリットについて言及します。

なおデメリットはメリットの裏返しなのは自明なので、それぞれのメリットについてのみ言及することにしましょう。その方が分かりやすいですからね。

って思ってたんですけど、最近諸事情でめちゃくちゃ忙しくてブログを書く暇がなかったんですよね。

東大バフェット
東大バフェット

諸事情の具体的な内容は神のみぞ知るところですね!!

続きは明日の自分に任せることにしてギャルと一緒に寝ます!!

明日こそ、投資信託vsETFのどちらが有利か論争に終止符を打つ!!!

あ、あとアンケートも実施中ですよ!!!

ギャルコスト平均法を見たい人はランキング投票をしておくんだ!!!

追記:続編書きました。

https://selfinvest.net/2020/04/28/investment-trust-vs-etf-comparison-which-do-you-recommend-end-the-dispute/

※投資は自己責任で!ゴッドラック!

▼投資の基礎まとめ▼

初心者はまずはコレからスタート!
別格のインデックス投資を学べます!

▼リスク管理まとめ!▼

リスク管理が気になる方へ!
注意すべき点をまとめてあります!

▼レバレッジまとめ!(前編)▼

レバレッジを始めたい方向け!
レバレッジ初心者からでも大丈夫!

▼レバレッジまとめ!(後編)▼

さらに深い理論がここに!
究極のインデックス投資を学べます!

ブログ村応援クリックお願いします!

ABOUT ME
東大バフェット
東大バフェット
東大卒新卒1年目で資産2000万円を達成。新卒2年目の8月現在では3500万円を運用。投資の長期戦略を超ロジカルに解説します。米国株投資の普及により日本を強くしたいと本気で考えております。米国株ブログPVランキング1位を達成。いつも応援ありがとうございます♪
カテゴリー内人気記事

COMMENT

メールアドレスが公開されることはありません。