ドルコスト平均法

【まとめ】ドルコスト平均法のメリット・デメリット

東大バフェットです。

 

先日の記事において、ドルコスト平均法の意外なデメリットについて述べました。簡単にまとめます。

「時間分散」という言葉には2種類の意味があります。

①購入タイミングの時間分散

②資産運用での時間分散

ドルコスト平均法は①だけを行う手法ですが、あたかも②も行えているかのような誤解が横行しているため、ドルコスト平均法では②は行えていないどころかむしろ逆行していることを以下記事では解説いたしました。

【決定版!】ドルコスト平均法のマヤカシを数学的に暴く!!投資の基本って、「長期・分散・積立投資」ってよく言うじゃないですか。 ドルコスト平均法が時間分散になっているという言説、東大バフェ...

 

今回はドルコスト平均法のメリット・デメリット一括投資のメリット・デメリットについて述べます。

ドルコスト平均法と一括投資それぞれのメリット・デメリットをしっかりと把握した上で個々人にあった適切な投資戦略を取りましょう。

ドルコスト平均法のメリット

まずはドルコスト平均法のメリット(つまり一括投資のデメリット)について述べますね。

ドルコスト平均法のメリット①:投資タイミングの分散が出来る

先日の記事においても少し触れましたが、ドルコスト平均法は購入タイミングを分散することで、購入価格を平均化できます。

例の図が最も端的にドルコスト平均法のメリットを表しています。

ウェルスナビ より

このようにして購入タイミングを分散することで、購入価格を平均化できます。

購入価格の平均化は、以下の②と③のメリットをもたらします。

ドルコスト平均法のメリット②:暴落への対策として有効

下図はS&P500(米国における日経平均株価みたいなもの)の株価チャートです。

図の赤丸のところでリーマン・ショックが起きています。もしもリーマン・ショックの直前に一括投資をしていた場合、1年以上に渡って元本割れを引き起こしてしまいます。

このような短期的な暴落の影響を減らす上で、ドルコスト平均法は有効です。

暴落したときに安い価格で株を買い増すことができますからね。

ドルコスト平均法のメリット③:初期投資が少なくて済む

ドルコスト平均法は最初の投資金額が少なくて、徐々に累計購入金額を増やしていく手法です。

つまり、投資を始めたての超初期の段階におけるリスクを最小限に抑えるというメリットがあります。

投資を始めたての頃は何かと不安が付きまといます。そのような状態におけるリスクを最小限に抑えることには非常に意義があります。

 

ドルコスト平均法のデメリット

では次に、ドルコスト平均法のデメリット(つまり一括投資のメリット)について述べていきます。

ドルコスト平均法のデメリット①:資産運用における時間分散ができない

ドルコスト平均法で時間的な分散が出来ると誤解していらっしゃる方は多いかと思います。

ところが、ドルコスト平均法で行えている時間分散とは、購入タイミングの時間分散であり、資産運用における時間分散ではございません。

この点については先日の記事にて詳しく解説をしております。

【決定版!】ドルコスト平均法のマヤカシを数学的に暴く!!投資の基本って、「長期・分散・積立投資」ってよく言うじゃないですか。 ドルコスト平均法が時間分散になっているという言説、東大バフェ...

ドルコスト平均法を用いた場合、投資期間の後半に対して集中投資をしてしまうことになります。

ドルコスト平均法のデメリット②:暴落はいつ来るか分からない

そもそも暴落はいつ来るか分からないですからね。

S&P500のここ4年ほどのチャートを抜粋しました。

例えば今我々が、上図の赤丸のところ(2017年初頭)に位置しているとしましょう。

上図のオレンジのところ(2018年末~2019年初頭)において暴落していますね。

仮に一括投資をしていた場合、オレンジのような暴落が合ったとしてもプラスなんですよね。暴落までに十分株価が値上がりしていますからね。

一方、仮にドルコスト平均法を赤丸地点から開始していた場合、オレンジの暴落の瞬間には大きなマイナスとなります。徐々に株価が上がっていく中で買い増しを続け、その後暴落していますからね。

「ドルコスト平均法のメリット②」と見比べて頂ければと思います。

つまり、いつ暴落が起きるのか?暴落までにどのくらい上がるのか?暴落ではどのくらい下がるのか?これらは誰にもわからないということですね。神のみぞ知るところでしょう。

暴落を待っている間にどんどん株価が上がっていく可能性は十分にありますからね。ドルコスト平均法をしばらく続けた後に暴落が起きると、結果としては高値掴みをする可能性があります。

ドルコスト平均法のデメリット③:右肩上がりの市場において機会損失がある

株式市場は期待値がプラスなので、平均点(つまりインデックス投資)を取り続けていれば基本的には右肩上がりです。

先の図を再掲しますが、赤丸の部分暴落直前で買った場合、確かに1年以上に渡って元本割れを起こします。

ですが長期で見ると基本的には右肩上がりですね。仮にリーマン・ショックの直前に一括投資をしていたとしても、現在では倍以上の価格になっているわけです。

S&P500(アメリカにおける日経平均株価みたいなもの)に投資した場合、年間リターンはおよそ平均7%程度と言われています。

つまりインデックスに資金を投入しておけば、期待値的には毎日少しずつ増えていくわけですね。

逆に言うと、投資をせずにタンスに札束を放置している場合、増えるわけがないですよね。

インデックス投資を行っていれば期待値的には少しずつ増えるのに、タンスに札束を放置しているのは機会損失と言えるでしょう。

ドルコスト平均法では初期投資が少ないため、初期リスクを低く抑えられていますが、右肩上がりの市場においては機会損失を生んでいます。

ドルコスト平均法のメリット・デメリットまとめ

以上で述べたことを分かりやすく表でまとめました。

以下はドルコスト平均法のメリット・デメリットです。裏を返せば一括投資のデメリット・メリットとなっております。(スマホだと見にくいかも…。すみません。)

ドルコスト平均法のメリット・デメリット比較表

ドルコスト平均法のメリット ドルコスト平均法のデメリット
時間の分散について 投資タイミングの分散ができて、購入価格が平均化される
資産運用における時間分散ができないため、資産運用後半に集中投資することになる
暴落について 短期的な暴落が起きた際の影響が少なく、安値で買い増せる
短期的な暴落が来るまでに株価がどんどん上昇し、結果的に高値掴みになり得る
初期投資額について 初期投資が少ないため、投資序盤の色々不安な時期のリスクを最小限にできる
市場は基本的に右肩上がりなので、期待値的には少しずつ機会損失が生じてしまう

ドルコスト平均法のメリット・デメリットを理解した上で、自分にあった投資スタイルを選ぶようにしましょう。もちろん、どちらかを選ばなくてはいけないわけではありません。バランスが大切です。ドルコスト平均法と一括投資を組み合わせましょう。

最初期においてはドルコスト平均法を用いて投資に慣れ、

慣れてきたら少しだけ一括投資を行うなど、

自分の現在の資産や年間投資可能額やリスク許容度に応じてバランスを設計しましょう。

役立ったら応援クリックお願いします!
ブログ村応援クリックお願いします!

投資初心者の方へ

投資初心者の方はまずはドルコスト平均法で投資に慣れることを強くおすすめします。

また、投資対象についても比較的安全なものを推奨します。

結論としては、この記事やドルコスト平均法の記事に何が書いてあるか良く分からないうちは、ドルコスト平均法で以下で紹介しているどれかの投資信託に積立投資するのが良いでしょう。

具体的なおすすめ投資信託

  • 全世界の株式に広く分散した投資信託
  • 米国の株式に広く分散した投資信託

まずはこのどちらかへの投資を強く推奨します。

具体的には、

  • 楽天・全世界株式インデックス・ファンド
  • 楽天・全米株式インデックス・ファンド
  • eMAXIS Slim 全世界株式(オール・カントリー)
  • eMAXIS Slim 米国株式(S&P500)

がオススメです。東大バフェットは2020年用のつみたてNISA枠において楽天・全米株式インデックス・ファンドを選択しました。

つみたてNISA
つみたてNISAの年初一括投資を設定しました つみたてNISAの設定って、年が変わる前からできるんですね。というわけで早速やってきました。 つみたてNISAは年初一括投資か...

今後米国が没落する可能性もあるので、そこを不安に思う方は全世界株式を選択すると良いでしょう。

楽天~~というのはその名の通り楽天の商品で、eMAXIS Slim~~というのは三菱UFJ国際投信の商品です。ちなみに売れても私には1円も入りません。広告ではないです。

なお、楽天の全米株式は基本的に米国上場企業全てを購入する形になりますが、eMAXIS Slim 米国株式(S&P500)は米国のトップ企業約500社の株式を購入する形になります。とはいえ時価総額加重平均を用いると、全米株式のうち80%程度はS&P500が占めるので、大差はありません。小型株も含めて買いたいかどうか好みの問題です。

投資初心者の方向けの本

先日の記事がバズったことで、Twitterなどで「投資始めたての人向けの本」を紹介して欲しいとの声を頂くようになりました。

投資を始めたての方に私がオススメするのはこの本ですね。以下は広告リンクですが、読者の方のためになる広告であればお互いにWin-Winですのでよろしければこちらからご購入ください。

 

ウェルスナビ を起業した方の本です。私は投資始めたての頃にこの本を読んで大変ためになりました。あまり書きすぎると広告記事っぽくなってしまうので気になる方はAmazonの書籍紹介を読んで頂ければと思います。

※ちなみにこれはここだけの話ですが、ぶっちゃけると株式投資についての本はこれ1冊しか読んでいません。内緒ですよ!不勉強なのバレちゃうので!なので他のおすすめ本は原理的に存在しないわけですね。逆に言うと、これ一冊読んで後は論理力で殴ってるだけですね。不勉強ですね。さすがにもうちょい読むか。そもそもブログ開設する気とかなかったので、自分さえ分かってれば良いと思ってたので。。。

最後に、ランキングの応援クリックお願いします!

カテゴリー内人気記事

POSTED COMMENT

  1. アバター いも より:

    こんにちは。ツイッター見ました。

    リスクを日々の値動きの大きさの金額ベースではなく、投資結果に及ぼす影響の割合ベースで考えた場合、一括投資なら複利を考慮しても、投資期間後半のリスクは大きくならないです。
    100×1.03×1.02=100×1.02×1.03なので、あるリターンが1年目に来ようと2年目に来ようと投資結果への影響は同じです。

    1年目に100円、2年目に100円投資した場合、1年目2年目のリターンを逆にすると
    100×1.03×1.02+100×1.02 ≠ 100×1.02×1.03+100×1.03
    となるので、やはり積立投資では後半のリスクの影響が大きくなりますね。
    足し算のせいで交換法則が使えなくなるから、後半の影響が高まると。

    リスクの定義を値動きの金額ベースで考えるなら、そりゃ一括でも積立でも資産が大きくなるほど日々の値動きは大きくなりますが。

    あと外国配当金二重課税を取り戻すとふるさと納税枠が減るかどうかですが、
    https://kaikei7.com/tool_instructions/#i-23
    このサイトでシミュレーションすると分かるかもです。外国税額控除対応のようです。
    スマホよりpcがいいかも。

    ちなみにイデコは使うとふるさと納税枠が減ります
    https://ideco.kddi-am.com/simulation/ideco_furusato/

    • 東大バフェット 東大バフェット より:

      いも様

      いつもありがとうございます。
      まさにおっしゃる通りですよね。リスクを割合ベースで考えればそうなりますよね。
      もしも値動きの金額ベースでリスクを考えるのであれば、初期一括投資をしつつ、時間が経過して資産が増加するとともに売却しなきゃいけないですね。。。

      >ふるさと納税枠
      あ~、ありがとうございます!!そう言えばそんなツイートしていましたわ。。。
      あざます!来年分っていうか今年分確認してみます!!
      税金は1~12月、学年は4~3月単位なので、実は新卒1年目は4~12月の給料で計算されるのでふるさと納税枠がめっちゃ少ないことにギリギリで気づいて無駄な納税は避けられましたが。。。

COMMENT

メールアドレスが公開されることはありません。