【基礎知識編】

【投資の基本】初心者はインデックス投資から

米国株ブログ村には様々な投資スタイルの方がいらっしゃいます。

高配当株再投資戦略、個別株投資、インデックス投資、セクター別ETF投資、債券ETF、いろいろな投資スタイルがあります。

かくいう東大バフェットは「東大バフェットのかんがえたさいきょうのポートフォリオ」として、VTI,VGT,MSFT,BNDを保有しております。

インデックス投資、セクター別ETF投資、個別グロース株、債券ETFに投資している状態ですね。

基本はインデックス投資

東大バフェットは投資初心者の方は必ずインデックス投資から始めるべきだと考えています。

インデックス投資とは、ざっくり言うと世界全体の株式に薄く広く投資する手法です。

以下は世界全体の株式に連動した代表的なETFであるVTのチャートです。

 

Yahoo!Financeより作成

 

あのリーマン・ショックは2008年9月15日に発生して大暴落が起きましたが、仮にリーマンショックの直前に買っていようと、現在では1.5倍以上に株価が増加しています。

インデックス投資をして長期スパンで保有しておくだけで、世界の経済成長の果実を受け取ることが出来ると言えます。

日本ではなく世界に目を向けて長期分散投資を行うのが投資の基本です。

【基本編】良い投資の条件 ー インデックス投資を知る投資を行う上での前提条件を踏まえた上で、良い投資の条件とは何なのかを考えていきたいと思います。 投資を行う上での前提条件 ...
【基本編】投資を行う上での前提条件今後の世界に対する前提条件 投資に関して考える上で、東大バフェットは以下のような強烈な前提条件を置いています。 (ここを明確に言...

 

スタイルごとのリスクとリターン

投資対象が分散されているほどリスクは減少すると言えます。個別株特有のリスクが減少するためですね。

一方、投資対象を絞れば絞るほど、一山当てたときのリターンは大きくなります。

分散が効いているほど、「リスクは減少するが、一山当てたときのリターンも減少する」と言えます。インデックス投資は平均点確保ですし。

リスク・一山当てたときのリターンともに、

インデックス投資<セクター別ETF投資<個別株投資

 

 

ただし、ここで重要なのが、「インデックス投資で世界・米国の平均点を長期に渡って確保するだけで、資産が増加する可能性が極めて高い」という点です。

だったら最初から無理していきなりリスクの高いことをしなくて良いのではないでしょうか。

 

初心者の方がいきなり個別株特有のリスクに手を出すのはあまり好ましくないかと思います。

高配当個別株・グロース株・セクター別ETFといった発展型に手を出してみる前に、まずはインデックス投資をしてみることを強くオススメします。

※今日はじめて米国株ブログ村にたどり着いた投資初心者の方が迷ったりしないように、インデックス投資を勧めているだけですよ!

※投資は自己責任で!ゴッドラック!

▼投資の基礎まとめ▼

初心者はまずはコレからスタート!
別格のインデックス投資を学べます!

▼リスク管理まとめ!▼

リスク管理が気になる方へ!
注意すべき点をまとめてあります!

▼レバレッジまとめ!(前編)▼

レバレッジを始めたい方向け!
レバレッジ初心者からでも大丈夫!

▼レバレッジまとめ!(後編)▼

さらに深い理論がここに!
究極のインデックス投資を学べます!

ブログ村応援クリックお願いします!

ABOUT ME
東大バフェット
東大バフェット
東大卒新卒1年目で資産2000万円を達成。新卒2年目の8月現在では3500万円を運用。投資の長期戦略を超ロジカルに解説します。米国株投資の普及により日本を強くしたいと本気で考えております。米国株ブログPVランキング1位を達成。いつも応援ありがとうございます♪
カテゴリー内人気記事

COMMENT

メールアドレスが公開されることはありません。