【基礎知識編】

【基本編】良い投資の条件 ー インデックス投資を知る

投資を行う上での前提条件を踏まえた上で、良い投資の条件とは何なのかを考えていきたいと思います。

投資を行う上での前提条件

  • 20年後の世界経済は今よりも成長している
  • 資本主義・株式市場が存続している
【基本編】投資を行う上での前提条件今後の世界に対する前提条件 投資に関して考える上で、東大バフェットは以下のような強烈な前提条件を置いています。 (ここを明確に言...

 

良い投資の条件とは?

20年後の世界全体の経済は今よりも成長している&資本主義的システムが存続しているならば、基本的に世界全体の株式は現在よりも上昇しています。

であるならば、世界全体の株式に薄く広く万遍なく投資をしておけば、基本的に負けることは無いだろうということです。

世界全体の株式に薄く広く万遍なく投資?
ふざけるな!世界中に会社がいくつあると思っているんだ!無理に決まってるだろ!
とはならないんですね。

世界中の株式を薄く広く万遍なく、あなたの代わりに買ってもらうことが出来るんです。

それがETFと呼ばれるものです。

ETF:Exchange Traded Fundの略称。「上場している投資信託」ですね。「日経平均」「世界全体」みたいなものにまるっと投資できる金融商品です。

要するに、世界全体の株式を代わりに買ってくれるETFを買うだけで、基本的に負けることは無いだろうということです。

それを満たしてくれるのが、時価総額加重平均型株価指数というものです。要するにインデックス型ETFです。

※ざっくり言うと、Appleやマイクロソフトのように株価総額がでっかい企業の株式保有額を多めにして、株価総額が小さい無名企業の株式保有額を少なめにしてあるETFということです。

これの世界全体版を持つのが第一の選択肢、これの米国企業だけに絞った版を持つのが第二の選択肢でしょうか。もっとも、2019年現在において世界全体の株式のうち半分は米国ですが。

ざっくり言うと、世界全体の成長率よりも米国の成長率の方が高いと思うなら、米国株インデックスETFを買えば良いし、よくわからなければ世界全体の株式に連動したインデックスETFを買えば良いということになります。

良い投資の条件とは?

  1. 世界全体or米国株を中心とした分散投資
  2. 10年、20年といった長期運用
  • 世界全体であればVT
  • 米国株全体であればVTIやVOO

 

といったETFが有名かつオススメです。

世界全体に投資しつつ、どの国にどの程度の比重で投資するかを自分で決めたい方は、

  • VTI・・・米国ETF
  • VEA・・・米国以外の先進国ETF
  • VWO・・・新興国ETF

 

の3つを好きな割合で保有する手もあります。

数十年後に破滅的事態が起きていない&資本主義的システムが存続しているかどうかは、神のみぞ知るところです。

※投資は自己責任で!ゴッドラック!

▼投資の基礎まとめ▼

初心者はまずはコレからスタート!
別格のインデックス投資を学べます!

▼リスク管理まとめ!▼

リスク管理が気になる方へ!
注意すべき点をまとめてあります!

▼レバレッジまとめ!(前編)▼

レバレッジを始めたい方向け!
レバレッジ初心者からでも大丈夫!

▼レバレッジまとめ!(後編)▼

さらに深い理論がここに!
究極のインデックス投資を学べます!

ブログ村応援クリックお願いします!

ABOUT ME
東大バフェット
東大バフェット
東大卒新卒1年目で資産2000万円を達成。新卒2年目の8月現在では3500万円を運用。投資の長期戦略を超ロジカルに解説します。米国株投資の普及により日本を強くしたいと本気で考えております。米国株ブログPVランキング1位を達成。いつも応援ありがとうございます♪
カテゴリー内人気記事

COMMENT

メールアドレスが公開されることはありません。