おすすめ証券口座まとめ!

東大バフェットです。

投資を始めたての方向けにおすすめの証券口座をまとめておきますね。

おすすめロボアド

株式を自分で買い付けるのが怖い方、株式への100%投資が怖くて債券やゴールドなどの低リスク資産も持ちたい方は、まずはロボアドを利用するのがおすすめです。

WealthNavi

投資を始めたてで何を買ったら良いかよく分からない方、株式100%でポートフォリオを組むのは怖い方向けです。まずは王道のインデックス投資を学ぶのに最適なロボアドと言えます。

株式・債券・ゴールド・不動産といった伝統的な資産を一定の割合で保有し続けるパッシブ運用を自動的に行なってくれます。

紹介記事はこちらです。

【徹底比較】おすすめのロボアドランキング3選【投資初心者向け】東大バフェットです。 本記事の読者想定層は主に以下の方々です。 投資を始めたての初心者の方 暴落に耐えきれずに...

ロボプロ

WealthNaviが王道のインデックス投資であるのに比べ、ロボプロではアクティブな運用を行ってくれます。

アクティブな運用でさらなるリターンを狙ってみたい方にはおすすめのロボアドとなります。

但し、まずはWealthNaviによるパッシブな運用こそが投資の王道であることを踏まえた上で、あくまでもおまけ部分としてロボプロを用いることを強く推奨します。

紹介記事はこちらです。

相場的中しまくり!?先を読んで投資してくれる凄いロボアドを見つけた!東大バフェットです。 今回は先を読む凄いロボアドを発見したのでご紹介します。 ロボプロというロボアドですね。 何が凄い...

ワンコイン投資(ラインスマート投資)

パッシブ運用を行ってくれるロボアドです。WealthNaviと比較すると毎週500円から気軽に投資を始められることがメリットです。WealthNaviの場合は最低投資額が10万円からとハードルが高いため、気軽に投資を始めたい場合にはワンコイン投資(ラインスマート投資)を始めて見るのも良いでしょう。

一方で、性能自体はWealthNaviに軍配が上がるため、10万円を投資できる方はWealthNaviを選ぶのが良いでしょう。

おすすめ証券口座

3大ネット証券と呼ばれる楽天証券 SBI証券 マネックス証券 であれば海外株式の購入手数料は基本的に横並びとなっております。※2020/10月現在

まずは上記3つの中から開設するのが良いでしょう。なお、投資初心者の方に最もおすすめできるのは楽天証券となっております。

楽天証券

楽天証券楽天カードと合わせて投資初心者の方に最もおすすめできる証券口座となります。楽天証券で投資信託を積み立てる際に、楽天カードで購入することが出来るのです。クレカでの積立は毎月5万円が上限なのですが、積立額に応じて1%のポイントバックをもらうことが出来るのです。楽天ポイントを毎月500ポイント簡単にゲットできるため非常におすすめのサービスです!

詳しくは以下記事を御覧ください。

投資未経験~つみたてNISAでのおすすめ投資信託買付まで手順解説本ブログをご覧頂き、誠にありがとうございます。 本ブログでは長期投資戦略の超ハイレベルな内容まで取り扱っているため、投資初心者の方...

エポスカード(tsumiki証券)

楽天カード以外にもエポスカードを使って投資信託を積み立てることも出来ます。当然ながらポイントが貰えるだけでなく、年会費無料のゴールドカードのインビテーションが届いたりというメリットもあります。

エポスカードが使えるのはtsumiki証券という証券会社になります。これはエポスカードでの投資信託積立専用の証券会社なので、まずは楽天証券楽天カードから投資を始めるのが良いでしょう。

その上で余力があったらエポスカードでの投資信託積立にも挑戦してみると良いでしょう。

詳しくは以下記事を御覧ください。

【悲報】エポスカードの投信積立が色んな意味でヤバすぎたwww東大グレアムです。 エポスカードでポイントを貰いながら投信積立が出来るTsumiki証券を知ったのだが、 FAQが色々とヤバ...

SBI証券

SBI証券では外国株式を購入するときの為替手数料が楽天証券マネックス証券と比べて最安となっております。米国株式や米国ETFを直接購入したい方にはおすすめとなっております。

マネックス証券

マネックス証券では時間外取引など、特別な取引を行うことが可能です。

トレールストップなども行えるため、個別株のトレードに挑戦したくなった際には開設してみるのも良いでしょう。

上記3つの証券口座では売買手数料は0.45%と横並びです。

ワンタップバイでは売買手数料は0.50%なため、わずかに売買手数料の面では不利になっております。

一方で、ワンタップバイでは1000円単位で個別株投資を行うことが可能になっています。

記事執筆時点ではアマゾンの株価は1株3000ドル(30万円)以上するため、上記3大ネット証券では30万円以上の資金を用意しないとアマゾン株を購入できません。

ワンタップバイであれば1000円単位から取引が可能なため、少額からでもアマゾンのような個別株投資を行うことができるのでオススメです。

詳しくは以下の解説記事を御覧くださいね。

ぼったくり!?最近流行りのワンタップバイについて検証してみた東大バフェットです。 最近Twitterでやたらワンタップバイを見かけるようになった気がします。 こういうのって、色々な意味...