思考法

現金は安全資産だと言えるのか

東大バフェットです。

多くの日本人(大きい主語)が誤解しているであろうことの代表例として、『現金は安全資産』というものがありますね。タンス預金とか。

現金の価値も上下する

物の価格を見る時に、一般的には円ベースで評価をしますね。

おにぎり1個100円、みたいな。

だからこそ現金こそが絶対的な価値基準かのように誤解しがちなんですよね。でも、現金というのは単なる一つの価値尺度に過ぎないのです。

現金の価値そのものも変動するのです。

豊作と凶作

かつてはお米が貨幣として使われていた時代もありました。

誰でも価値を認めてくれる物がお米でしたからね。

物々交換を円滑に進める上で、価値を媒介してくれる何かがあると便利ですからね。

さて、貨幣であるコメの価値は豊作や凶作により変動しますよね。

豊作ならコメの価値は下がります。

凶作ならコメの価値は上がります。

20年放置すると手元にあるそのコメは腐って価値が減価します。

凶作の年はみんながお米を欲しがるので、500gくらいのお米で銅の剣を買える。

豊作の年はコメを1kg出してやっと銅の剣を買える。

でも銅の剣の攻撃力は変わらないんですよね。めちゃくちゃ豊作の年には銅の剣はお米10kg分の価値になるかもしれませんが、ラスボスを倒すほどの攻撃力にはならない。

つまりはお米の価値が下がっているということですね。

金融緩和は豊作

金融緩和が超絶大規模に行われているということは現金の価値がどんどん下がっているということですね。

手元にある100万円は、タンスにぶち込んでおけば1年後も2年後も100万円のままです。

でも、身の回りの物の値段がだんだん上がっていく。銅の剣の攻撃力は変わらないのに、値段だけが上がっていく。

日本円という通貨は幸いにも価値が安定している強い通貨ではあるものの、貨幣そのものの価値がどんどん下落していくわけですから、現金を持ち続けるということは目減りしていく資産をガチホしていることに他ならないのです。

結論としては株を買いましょうということですね。怖ければインデックス投資で十分でしょう。

【現金の価値変動】タンス預金って日本円への全力投資だからな!?東大バフェットです。 みなさん、 投資が怖くなっていませんか? というわけで本日はタンス預金の危険性について言...

まとめ

  • 現金の価値は変動する
  • 現金の価値は金融緩和で下がっていく
  • 手元にある100万円は1年後も100万円だが、価値自体は実は目減りしている

老後2000万円問題とか言いますけど、現金の価値が変動することを考えると30年後には老後4000万円問題になっているかもしれませんね。。。

ちなみに現金の価値が下がり株の価値が上がるのであれば、現金を借りて株を買えば良いということに…。価値の下がるものを借りて価値の上がるものを買う。それこそがデリバティブ・インデックス投資ですね!

…気づくとレバレッジの話になってしまうのは、デリバティブ・インデックス投資こそがロジカルな解だからなのでしょうかね。

※投資は自己責任で!ゴッドラック!
にほんブログ村 株ブログ 米国株へ

ダナハーちゃん
ダナハーちゃん
いつも応援ありがとうございます🐰💕
東大バフェット
東大バフェット

本ブログは無料で記事を公開しておりますが、本ブログがお役に立てたようであれば下記noteリンクよりサポートを頂ければ幸いです。

東大グレアム
東大グレアム

より質の良い記事の執筆や更新頻度の向上など、今後の有益な発信のために活用させていただきます!

▼投資の基礎まとめ▼

初心者はまずはコレからスタート!
インデックスでインデックスを上回る!?
別格のインデックス投資を学べます!

▼レバレッジまとめ!(前編)▼

レバレッジを始めたい方向け!
レバレッジ初心者からでも大丈夫!
レバレッジETFで投機ではなく投資をしよう!

▼レバレッジまとめ!(後編)▼

さらに深い理論がここに!
究極のインデックス投資を学べます!

▼リスク管理まとめ!▼

リスク管理が気になる方へ!
注意すべき点をまとめてあります!

▼ポートフォリオ解説!▼

東大バフェットのポートフォリオ!
全体像から解説しています!

ブログ村応援クリックお願いします!
ABOUT ME
東大バフェット
東大卒新卒1年目で資産2000万円を達成。現在は金融資産3000万円+海外不動産2000万円を運用中。デリバティブを用いたレバレッジ戦略を実践しています。米国株投資の普及により日本を強くしたいと本気で考えております。米国株ブログPVランキング1位を達成。いつも応援ありがとうございます♪
カテゴリー内人気記事

COMMENT

メールアドレスが公開されることはありません。