株式投資の方針

【超絶悲報】ハイテクは暴落しますwwwファイザーのワクチンでのトレード!!

東大グレアムです。

ファイザーのワクチン報道でハイテクグロース株の投資家の多くが打撃を受けましたが、私はこのヘッドラインに逆張りしてトレードしました。

主要株価指数

S&P 500(青線)、NASDAQ 100(オレンジ線)、RUSSELL 2000(緑線)の5日チャートです。

11月11日はS&P 500は+0.77%、NASDAQ 100は+2.31%、RUSSELL 2000は+0.00%とファイザーのワクチン報道で下落したハイテクが盛り返しました。

S&P 500 Map

11月11日のS&P 500のヒートマップです。

11月9日~10日に見られたハイテクからバリューへのセクターローテーションの巻き戻しが起きました。

長期金利

米国債の10年利回り(青線)、20年利回り(赤線)、30年利回り(緑線)の5日チャートです。

9日にワクチン報道で金利が跳ね上がり、いったん下落して10日も上昇傾向を示していました。

10年国債の入札状況

10年国債の発行額

CME TreasuryWatch Tool

11月10日に10年満期の米国債の入札がありました。

発行規模は41B$と前回10月の35B$からさらに増加し過去最高となりました。

応札利回りは先月の0.765%から0.960%まで急上昇し、3月11日のオークション以来の最高利回りとなりました。

応札倍率は先月の2.47から2.32に低下しました。

前日の11月9日には3年満期の米国債の入札があり、そちらも需給が悪化していることを示していました。

選挙結果は財政出動に積極的なブルーウェーブの可能性は低下していますが、国債の発行規模は拡大を続けており、市場は引き続き財政赤字拡大への懸念と米ドルの信認への懐疑的な姿勢を強めていると考えてよいでしょう。

米国債の信認が低下!財政赤字は株価を害するか東大グレアムです。 コロナショックへの対応により米国の財政赤字が急拡大したことで米国債への信認が低下し、グローバルマクロヘッジファ...

実質金利

Daily Treasury Real Yield Curve Rates

11月以降の実質金利です。

ワクチンの発表があった11月9日は実質金利も跳ね上がっており、30年限の実質利回りが-0.15まで急上昇したことはハイテクグロース株のバリュエーションに悪影響を及ぼすため、注意するべきです。

各アセットのインプライド・ボラティリティから今後の株式市場を俯瞰する!東大グレアムです。 6月10日のFOMCでマネーサプライの伸びがほぼ止まっている現在のペースを維持すると明言されたことで、株式市場...

尚、11月10日には前日の影響は若干緩和されました。11日は名目金利同様に休場です。

昨今は金利と株価についての話題が盛んですが、以前の記事で示したように、単純に金利上昇が株価にマイナスの影響であると考えるのは誤っており、経済サイクルと潜在成長率、金利・期待インフレ率・実質金利の変動の速度に注意する必要があります

【市況解説】債券市場は大統領選後の国債増発を織り込み!金利変動の速度が重要!!東大グレアムです。 債券市場は大統領選挙後の財政ファイナンスと国債増発を織り込み始め、金利が上昇しています。 今後の株式市場...

現在は金利のボラティリティが高く、財政赤字を背景とするドルへの信認の低下も相まって金利上昇の速度が潜在成長率を上回る急ピッチで進行しているため、遠い将来のキャッシュフローを現在価値に織り込んでいるエクイティデュレーションの長いハイテクグロース株にとっては懸念するべき材料となります

VIXとS&P 500のバリュエーション

VIX (Volatility Index) vs. S&P 500 Valuation

VIX(S&P 500のIV:インプライド・ボラティリティ)とS&P 500のバリュエーションの相関関係を見ると、VIXが大きく減少するときにはS&P 500のバリュエーションは上昇する傾向にあることが分かります。

VIXとVXNはヘッジ・アンワインドにより急落

VIX(青線、右軸)とVXN(NASDAQ 100のIV、オレンジ線、左軸)の3ヶ月チャートです。

11月11日はVIXは-5.44%、VXNは-6.89%と大きく減少しました。

大統領選挙前に不確実性へのヘッジとして急上昇し、イベントリスクを通過したことでヘッジポジションの巻き戻しが起きて急落しています。

先ほどの相関関係に従えば、現在は不確実性の減少により株価のバリュエーションが上昇しやすい局面であることが分かります。

ファイザーCEOがワクチン発表と同時に自社株を売却

米製薬大手ファイザーと独バイオ医薬ベンチャーのビオンテックが共同開発した新型コロナウイルス感染症ワクチンは、臨床試験(治験)で高い有効性を示したことが9日に発表されました。

ファイザーのCEOであるAlbert Bourlaは、COVID-19のワクチン試験の結果を発表した同じ日に、同社の株式の62%を売却しました

Pfizer’s CEO cashed out 60% of his stock on the same day the company unveiled the results of its COVID-19 vaccine trial

具体的なデータがまだ発表されていないことに加えて上記のニュースから、私はこの材料に逆張りしてトレードすることにしました。

FDAの承認に絶対の自信があるのであれば自社株を60%も売却することはしないはずです。

私は基本的にファンダメンタルズに順張り、ニュースに逆張りです。

ワクチンができても世の中のトレンドが逆行することはない

仮にワクチンがFDAに承認されたとしても、DX(デジタルトランスフォーメーション)の流れが逆行することはありません

グロース株界隈では注目されている機関投資家のARK社がこの材料に対してどう反応するのかと思っていましたが、やはり材料に逆張りでワクチンのヘッドラインを見た個人が投げ売ったROKU/ZM/TDOCを結構なボリュームで買い戻していました

ズームちゃんを買い増しました!!

Zoomの株価チャート

私は上記を踏まえて、11月11日の開幕直後にZMを買い増しました。

既に保有しているものも6月の決算直後に購入したものであり、平均取得単価が$200付近であるためそのまま保有しています。

$300台で買えましたが、株価を振り返ってみるとこれは前回の8月末の決算直後の水準となっています。

保有していたグロース株の中には大きく下落したものもありましたが、他の保有株については一切取引していません。

私はポートフォリオの個別株はどれもポートフォリオ全体の7%を超えないように管理しているため、仮にそのうちの1つが大きく下落しても致命傷を負うことはないようになっています。

億り人の中には、特定の銘柄を徹底的に分析して集中投資をしたほうがリスクが低いと言っている人もいますが、それは単なる成功者の生存者バイアスであって明確に誤っており、自身の成功の大半が運によって支えられてきたことを自覚していないだけです。

真のリスクとは”想定外”のものであり、財務諸表やネットで入手できる情報には表れない部分にあるわけで、それを私たちは管理することができないため、アセットクラスや保有銘柄の適切な分散をする必要性があります。

まとめ

・国債の発行規模は拡大を続けており、市場は引き続き財政赤字拡大への懸念と米ドルの信認への懐疑的な姿勢を強めている。

・金利上昇の速度が潜在成長率を上回る急ピッチで進行しているため、エクイティデュレーションの長いハイテクグロース株にとっては懸念するべき材料となる。

・現在はIVの減少により株価のバリュエーションが上昇しやすい局面である。

・ファイザーのCEOであるAlbert Bourlaは、COVID-19のワクチン試験の結果を発表した同じ日に、同社の株式の62%を売却した。

・ワクチンがFDAに承認されたとしても、DX(デジタルトランスフォーメーション)の流れが逆行することはない。

・ARK社はワクチンのヘッドラインに逆張りしてトレードした。

※投資は自己責任で!ゴッドラック!
にほんブログ村 株ブログ 米国株へ

ダナハーちゃん
ダナハーちゃん
いつも応援ありがとうございます🐰💕
東大バフェット
東大バフェット

本ブログは無料で記事を公開しておりますが、本ブログがお役に立てたようであれば下記noteリンクよりサポートを頂ければ幸いです。

東大グレアム
東大グレアム

より質の良い記事の執筆や更新頻度の向上など、今後の有益な発信のために活用させていただきます!

▼投資の基礎まとめ▼

初心者はまずはコレからスタート!
別格のインデックス投資を学べます!

▼レバレッジまとめ!(前編)▼

レバレッジを始めたい方向け!
レバレッジ初心者からでも大丈夫!

▼レバレッジまとめ!(後編)▼

さらに深い理論がここに!
究極のインデックス投資を学べます!

▼リスク管理まとめ!▼

リスク管理が気になる方へ!
注意すべき点をまとめてあります!

▼ポートフォリオ解説!▼

東大バフェットのポートフォリオ!
全体像から解説しています!

ブログ村応援クリックお願いします!

ABOUT ME
東大グレアム
東大グレアム
東大バフェットの大学時代の親友。主に経済的側面からの短期・中期動向や投資スタイルを解説する。類まれなる頭脳と研究能力で東大バフェットを支える最強のブレーン。
カテゴリー内人気記事

POSTED COMMENT

  1. アバター コスモ より:

    いつも勉強になります。

    > https://markets.businessinsider.com/news/stocks/pfizer-ceo-sold-stock-day-covid-19-vaccine-results-unveiled-2020-11-1029790705

    このPfizerのプレスリリースに関しては、あくまでも一会社のIRなのでこんなんで材料になるのか?って感じでした。
    90%の感染を防いだ、と言うのもあくまでも途中経過ですしね。

    > Pfizer’s vaccine requires a storage temperature of minus 94 degrees Fahrenheit.

    ref: https://www.cnbc.com/2020/11/09/covid-vaccine-pfizer-drug-is-more-than-90percent-effective-in-preventing-infection.html

    PFE/BTNXのワクチンは-94℉(=-70℃)の冷凍保存が必要なので、
    思った以上には接種しにくい印象です。

    ただし、ワクチンを接種するのにあたって理想的な温度で保存された場合にはTH1 T-Cellの免疫反応は誘導できているようですので、今後のFDAの承認結果次第、ですかね。

    ref: https://www.nature.com/articles/s41586-020-2814-7

    BTNXのワクチンはBNT162b1の方が情報が多いですが、実際にFDAの承認を取るのはBNT162b2のようです。
    BNT162b2はスパイクタンパク質をコードする完全なmRNAを含むようです。

    > ファイザーのCEOであるAlbert Bourlaは、COVID-19のワクチン試験の結果を発表した同じ日に、同社の株式の62%を売却した。

    これは別に問題にするでもなく、単にストックオプションか何かで割り当てられた株式を市場で売却したってだけでしょう。
    自身が指揮したワクチン計画が順調に進んでいると言うプレスリリースが出せたことによる報酬を受け取って当然だ、と言う考えが経営側に芽生えていてもおかしくはありません。

    > 特定の銘柄を徹底的に分析して集中投資をしたほうがリスクが低いと言っている人もいます

    まぁ、これはこう言った方がインパクトがあるとかそう言うものです。
    YouTubeではインパクトがある方が視聴数も伸びますしね。

    平均的な投資家にはこの集中投資を勧めるよりも自身が退屈だと感じる方法で着実に資産を伸ばして行って欲しいものです。

    • 東大グレアム 東大グレアム より:

      いつも勉強になります。

      ファイザーCEOの株式売却については、事前に権利を割り当てられており時期も決まっていましたが、
      ニュースを出したタイミングは売り抜ける時期に合わせてきたとは思っています。

      集中投資については、リスクは上昇することを理解したうえで、それ以上のリターンの向上を目的としてやっているのであれば問題はないと思います。
      何故か特定株・セクター・バリュー・オールドエコノミーetcへの集中投資をリスクが低いと言っている人がいるので・・・
      集中投資は超過リターンによってのみ正当化されるので、結果が全ての険しい道であるとは思います。

COMMENT

メールアドレスが公開されることはありません。