コロナショック

【超絶悲報】中国のテックバブル、たった2か月で崩壊してしまうwww

東大グレアムです。

中国のテックバブルが始まってから僅か2か月余りで崩壊しました。

中国株のチャート

青:SHCOMP、赤:CSI 300、オレンジ:399006、薄い青:399106

東大グレアム
東大グレアム

上がり方も下がり方も急すぎて草。

以前の記事で金余り(流動性供給)と経済活動の再開期待を背景に中国版NASDAQである創業板がすごい勢いで上昇していることを紹介しました。

コモディティの時代が到来する!東大グレアムです。 世界中の株式市場が非常に好調です。理由は金融緩和です(草)。 https://selfinvest.ne...

バブル崩壊の理由

今回のバブル崩壊の背景は、中国当局が不動産市場と株式市場の資産バブルを早期に潰すために動いたことです。

先週、政府が所有する2つのファンドが、国営メディアが「狂った」強気市場について警告し、急騰した株式の保有を削減する計画を発表しました。

China Signals Clamp Down on Easy Money Amid Asset Bubble Fears

そもそも中国株がバブルになった理由は、中央銀行がコロナショックによる経済への悪影響への対処するべく銀行が貸し出すことができる金額を増やしたことです。

その一部は不動産市場に流れ込み深センを筆頭に住宅価格を暴騰させただけでなく、株式市場にも流入していました。

China raises alarm on property bubble as ‘high-risk shadow banking’ returns amid virus lending push

東大グレアム
東大グレアム

当局の要因でバブルになって同じ要因でバブル崩壊するとか自作自演の官製相場ですね。

個人投資家の信用買い

Chinese Stocks at Five-Year High Are Only Just Getting Started

中国株がバブルになりやすい背景として、中国の個人投資家は信用買いに抵抗がないことが挙げられ、今回も信用残高が5年ぶりの水準まで上昇していました。

CHINEXTとNASDAQ先物の比較

中国版NASDAQであるCHINEXT(創業板、青線)とNASDAQ先物指数(オレンジ線)です。

先物を比較対象としている理由は、アメリカ市場と中国市場は開いている時間が異なりますが、先物はほぼ24時間取引可能なので、同じ時間で比較しやすいからです。

双方ともに7月13日にピークをつけてその後急落していることが分かります。

全世界のあらゆるアセットクラスの相関係数の上昇

JPモルガンの分析によると、転換社債、コモディティ、新興市場の株式を含む30の資産にわたる1年間の相関関係は急増しており、多様なアセットクラスに分散投資してリスク低減を図る意義が低下しています。

さらに、クレジットスプレッドやドルの価値といったマクロ要因が、S&P 500のリターンの最大部分を少なくとも14年間で占めていることが示されました。

つまり、現在の資産市場は単純に中央銀行の流動性供給で上下しているだけであって、企業収益やニュースに基づいて取引されているわけではありません

JPMorgan Sounds Warning on Market Correlations at 20-Year Highs

アセットアロケーションによるリスク低減が困難な現在、最大のリスク低減要素は人的資本の債券性による定期収入(入金力)です。

(もちろん現金の保有割合を増やせば名目上の資産は減りずらくはなりますが、金融緩和で通貨価値はどんどん減少していますので、根本的な解決にはなっていないですね。)

資産形成は、投資だけではなく、自身の市場価値の最大化や収入の多様化(副業)も含めた、総合的な観点から行う必要があるといえるでしょう。

※投資は自己責任で!ゴッドラック!

ブログ村応援クリックお願いします!

▼投資の基礎まとめ▼

初心者はまずはコレからスタート!
別格のインデックス投資を学べます!

▼レバレッジまとめ!(前編)▼

レバレッジを始めたい方向け!
レバレッジ初心者からでも大丈夫!

▼レバレッジまとめ!(後編)▼

さらに深い理論がここに!
究極のインデックス投資を学べます!

カテゴリー内人気記事

POSTED COMMENT

  1. アバター くるっと より:

    今ITバブル崩壊ちょっと後に書かれた本を読んでいるんですが、「TOPIXとSP500の相関係数が0.5を超えてきている」「90年代には相関係数が0.1を割ったこともあった」とか書いてあって草ですよ

  2. アバター コスモ より:

    中国株の信用取引の生のデータを見たい場合には、
    http://stock.jrj.com.cn/rzrq/jyzs.shtml?fbclid=IwAR3PBd9C17UWr3Ij3xfyXOdj-9frpcqHj3zkWcjulFC6Aq69qLGG_YVaxdc の融资>融资余额/流通市值 を見ると良いようですよ。
    これは、信用取引残高が市場の浮動株時差総額に対して占める割合だそうです。
    「沪深两市」は上海・深セン両取引所、「沪市」は上海取引所、「深市」は深セン取引所を表すようです。
    (余额は残高、股は株・株式、亿は億の簡体字)
    これを見ると、7/13以降も信用取引は微増していますね。(7/15時点まで)
    また、信用取引が取引に占める割合も増加しているように思います。(信用取引残高が市場の浮動株時差総額に対して占める割合は7/16も微増)
    この生データを見ると、中国人個人投資家は市場が上がっていると素直に信用取引を使って買いあがる傾向がありそうです。

    中国株動向をブルームバーグやロイターに頼らないとなると直接簡体字のマンダリンを読みにいかないといけないので厳しいですね。

    • 東大グレアム 東大グレアム より:

      いつも勉強になります。
      ありがとうございます。

      2015年の中国バブルの崩壊でも、個人投資家が信用取引で大損して多数の死者が出ていたようですが、国民性は変わらないのでしょうね。

      中国経済の重要性は大きいので、アメリカ株への投資をしている場合でもある程度は気にしている必要がありそうです。

      中国語を読むのは私には難しいので、英語のニュースサイト頼りです。
      中国の電力消費量や貿易量といった経済統計、金利やコモディティ価格などは英語サイトにもありますね。
      当てにならない公式のGDP成長率よりは、こうしたデータを活用したほうがよさそうだとは思っています。
      中国の経済統計全般があまり信用できない説はあるのですが。

COMMENT

メールアドレスが公開されることはありません。