株式投資の方針

【超絶悲報】プロが素人にボロ負け!もはやヘッジファンドはオワコンか

東大グレアムです。

株式市場が記録的な回復を見せているにもかかわらず、ヘッジファンドの今年上半期のパフォーマンスは、資産加重ベースで7.9%の損失であったことが、Hedge Fund Researchによる調査で分かりました。

さらに、最もメジャーな戦略である株式ロング・ショート戦略を含む主要4戦略のどれもが儲かっていないという絶望的な内容でした。

Hedge Funds Lost a Record 7.9% in Pandemic-Plagued First Half

ヘッジファンドとは

ヘッジファンドとは、さまざまな取引手法を駆使して市場が上がっても下がっても利益を追求することを目的としたファンドです。ヘッジ(hedge)は直訳すると「避ける」という意味で、相場が下がったときの資産の目減りを避けるといったところから用いられています。

普通の投資信託は、運用方法に制限を設定しており、相場が一方向に動いたときのみ利益が出る仕組みのものがほとんどです。一方ヘッジファンドは、比較的自由な運用が可能で、先物取引や信用取引などを積極的に活用することで相場の上げ下げに関係なく利益を得ます。リスクヘッジしながらも積極的な運用を基本としています。

SMBC日興証券より引用

相場の上げ下げに関係なく利益を得るというコンセプトはとてもカッコいいですが、その実態は悲惨なものです。

株式ヘッジファンドの過去10年のリターン

The Hottest Hedge-Fund Strategy Faces an Existential Crisisより抜粋

過去10年の株式ヘッジファンドの年間リターンをS&P 500指数と比較すると、驚くべきことに、全ての年でS&P 500を下回っていることが分かります。

相場の上げ下げに関係なく利益を得るどころか、相場の上げ下げに関係なくS&P 500のリターンを下回っています

東大グレアム
東大グレアム

秘密の10種はヘッジファンドだった?!

株式ヘッジファンドの3月と年初来のリターン

The Hottest Hedge-Fund Strategy Faces an Existential Crisisより抜粋

2020年3月はリーマンショック以来の大きな下落となったわけですが、相場が下がったときの資産の目減りを避けることもできておらず、大半の株式ヘッジファンドが損失を被りました

東大グレアム
東大グレアム

これはもはや詐欺レベル!

ヘッジファンドからの資金流出

Hedge Fund Outflows Neared $100 Billion in 2019, Most Since 2016より抜粋

相場の上げ下げに関係なく利益を得る・相場が下がったときの資産の目減りを避けるという、ヘッジファンドのコンセプトが実際にはまやかしであり、しかも毎年高額の手数料を支払う必要があるため、投資家はヘッジファンドを見限っています

2016年の相場下落でも投資家はヘッジファンドに失望し、1,100億ドルを引き上げましたが、2019年も1,000億ドル近い資金流出となりました。

2020年も悲惨なリターンであったため、今後ヘッジファンドからの資金流出はさらに加速すると考えられます。

実際2020年第1四半期には全体の1%に相当する330億ドルが流出し、世界のヘッジファンドの総資本は2016年以来初めて3兆ドルを下回りました。2009年第2四半期に42億ドルを償還して以来の四半期最大の流出となりました。

HEDGE FUND ASSETS FALL AS MARKET VOLATILITY SURGES ON PANDEMIC UNCERTAINTY

参考までに、何も考えずにインデックスをガチホしていた場合のリターンも見てみましょう。

主要株式指数 年初来リターン

S&P 500(青線)はまだ少しマイナスですが、ほどんど元の値に戻しています。NASDAQ 100(赤線)に至っては、ガチホしていただけで20%以上のリターンを得ることが可能でした。

S&P500 Map 過去半年のリターン

過去半年のS&P 500の個別株式を見ると、GAFAMの強さが際立っています。GAFAMはバランスシートが強く、コロナショックの影響を受けづらいため、非常に良好なパフォーマンスを示しました

ちなみに本ブログでは、3月の時点でバランスシートの重要性に着目しており、以下のような銘柄とETFを推奨していました。

・時価総額が多く、たくさんお金を持っていて、短期債務が少なく、コロナによる売り上げへの影響が少ない企業(マイクロソフト等)

・ETFでいくと、今回はQQQ>VOO>VTI

【狙い目銘柄】コロナショックでの銘柄選択東大グレアムです。 ヘッジファンドの帝王レイダリオ※のコメントが素晴らしかったので紹介します。 ※16兆円の資産を運...

予想した通りになりましたね。

まとめ

ヘッジファンドには、金融の最先端の理論を学んだ非常に知能の高い人間が在籍しており、更には一般の投資家がアクセスできないような莫大なデータをリアルタイムで活用する環境も整っています。

それでもインデックスのガチホにボロ負けしているわけです。

ここから私たちが学ぶべきことは何でしょうか?

・予測に基づいて株を頻繁に売り買いしても、結局はリターンを押し下げる結果に終わることが多い。

・その時に応じて最適な投資戦略はコロコロ変わり、ある一定の投資戦略が継続的に優位に立つことはない。

・ヘッジファンドの多くは4半期毎に運用成績が求められるが、どんな戦略を採っても限られた期間で成果を上げることは極めて難しい。

私たち一般の個人投資家は彼らのような高度な理論を駆使しているわけではありませんし、他の投資家を出し抜ける情報の優位性も持ち合わせていません。

しかし、個人投資家には唯一の武器があります

それは時間です。

個人投資家はヘッジファンドのように4半期毎に運用成績が求められることはないため、長期的な視点から投資することができます。

長期で見れば右肩上がりであると考えられるETFや、将来的に成長が見込まれる有望な個別株を保有して”待つ”という戦略を採用することができるのです。

短期的に市場を出し抜こうとする試みは、投資のプロと真っ向勝負をすることに外ならないばかりか、唯一の強みを自ら捨てに行くようなものといえるでしょう。

※投資は自己責任で!ゴッドラック!

▼投資の基礎まとめ▼

初心者はまずはコレからスタート!
別格のインデックス投資を学べます!

▼リスク管理まとめ!▼

リスク管理が気になる方へ!
注意すべき点をまとめてあります!

▼レバレッジまとめ!(前編)▼

レバレッジを始めたい方向け!
レバレッジ初心者からでも大丈夫!

▼レバレッジまとめ!(後編)▼

さらに深い理論がここに!
究極のインデックス投資を学べます!

ブログ村応援クリックお願いします!

ABOUT ME
東大グレアム
東大グレアム
東大バフェットの大学時代の親友。主に経済的側面からの短期・中期動向や投資スタイルを解説する。類まれなる頭脳と研究能力で東大バフェットを支える最強のブレーン。
カテゴリー内人気記事

POSTED COMMENT

  1. アバター 匿名 より:

    ぬめらいのヘッジファンドは成績良好みたいです
    機械学習の研究もかなり進んで汎化性能高くなってきてるみたいですね
    とはいえ一部の儲かってるデータサイエンティストは自身のシステムを秘匿して市場に対してアドバンテージを得ているので、我々一般人がアクセスできるのは詐欺商材だけですけど

  2. アバター くるっと より:

    モーニングスターでヘッジファンドに投資する投資信託を調べてみると、空売りできるだけでアクティブファンドに毛が生えたような微妙なものばかりなんですよね
    今後はアービトラージのようなヘッジファンドならではの「堅い」戦略のファンドが生き残っていくことでしょう

  3. アバター まさ より:

    東大バフェットさん

    はじめまして。仮想レバレッジポートフォリオ後編noteを読みたいのですが、リンクが切れてしまっているようです。
    改定中でしょうか?

    まさ

    • 東大バフェット 東大バフェット より:

      まさ様

      多忙にてお返事が遅くなり申し訳ありません。
      後編noteのリンク切れ修正致しました。
      今後とも宜しくお願いします!

COMMENT

メールアドレスが公開されることはありません。