MSFT(マイクロソフト)

【狙い目銘柄】コロナショックでの銘柄選択

東大グレアムです。

ヘッジファンドの帝王レイダリオ※のコメントが素晴らしかったので紹介します。

東大バフェット
東大バフェット

ちなみにこの記事!4日くらい前から東大グレアムが書いてくれていたのに諸事情で投稿遅くなっちゃったんですよね…。

※16兆円の資産を運用する世界最大のヘッジファンドBridgewater Associatesの創業者です。あのリーマンショックを債務のレバレッジサイクルから事前に予想した人物としても有名です。

レイダリオのコロナウイルスについてのコメント

I’d rather seek how to neutralize myself against big unknowns than how to bet on them.

分からないことには賭けない、さすがですね。コロナ相場を予測してロングショートポジション駆使しまくって大富豪になった人がいたら教えてほしいです。

混同してはいけない3つの視点があると言っています。

  1. ウイルス
  2. 経済的な反応
  3. 市場の反応

ウイルス

The virus itself will almost certainly  come and go.

ウイルスはそのうちなくなる

いつまでも続くとは思いません。来年になれば季節風邪になってみんな忘れているのではないでしょうか?

how it is handled and what the consequences will be will vary a lot by location (which will also affect how their markets behave).

影響は地域によって大きく異なる、とした上で

I believe that China will excel at this.

ウイルスへの対処は中国が卓越したものになるだろう。

I am told that we should expect much more serious problems ahead.

一方でアメリカについては、今後数週間が試練だとして、深刻な問題が生じると想定すべきとしています。

経済的な反応

Reactions to the virus (e.g., “social distancing”) will probably cause a big short-term economic decline followed by a rebound, which probably will not leave a big sustained economic impact.

経済への影響については、短期的な落ち込みはあるが、大きな持続的なインパクトはなく、その後反発するだろうと言っています。ニュースでは世紀末のように報じていますので、みんなが悲観的になった今こそ買いの好機である事が分かります

この人のポジショントーク的な面もありますが、続けて富の格差、政治的対立、債務を最も心配しているといったことを言っています。

市場の反応

My guess is that the markets will probably not distinguish well between those which can and cannot withstand well the temporary shock and will focus more on their temporary hit to revenues than they should and underweight the credit impact–e.g., a company with plenty of cash and a big temporary economic hit will probably be exaggeratedly hit relative to one that is less economically hit but has a lot of short-term debt.

what’s interesting is how attractive some companies with good cash yields have become, especially as many market players have been shaken out.

市場は一時的なショックに耐えられる企業とそうでない企業を適切に選別せず、一律に反応するだろう。そして売り上げへの影響に過度に注視し財務面への影響を軽視する。

一律に売られるとすれば、想定すべきはETFによる市場平均売りでしょう。

最近はパッシブ投資が過熱していることをガンドラックも言っていましたが、こういうリスクオフの時は時価総額の多さに比例して玉石混淆に売られるのですね。

とすれば、時価総額が多く、たくさんお金を持っていて、短期債務が少なく、コロナによる売り上げへの影響が少ない企業・・・

 

 

マイクロソフトですね。

てかこのブログ、マイクロソフト好きすぎませんかね。

はい、マイクロソフト買いましょう。終わり。

ETFでいくと、今回はQQQ>VOO>VTIですかね。

小型株は今回のショックでの財務面への影響が心配です。倒産する企業多そうですし、しばらくRUSSELL2000戻らないんじゃないですかね。

まあ、小型株個別で買うわけではなく、割安になったところを買えるとポジティブに考えることも可能でしょう。

QQQはコロナショック(+OPEC決裂)で財務面で”実際に”打撃をこうむった石油・航空・保険が入っていないので、比較的すぐに値を戻すと考えています

ちなみに今回のショックで段階的に私はマイクロソフトとQQQを買い増しました。1年後どうなっているか楽しみですね。

3/19追記

2週間前に見つけ、皆さんに紹介しようとして書いた後、原稿として眠っていた記事でしたが、まさに予言のごとく当たっており、レイダリオの凄まじさが分かりますね(これだけ分かっていながら何故かポジションに反映せず旗艦ファンドがガチホと大差ない損失を出して反省しているそうですが)。

ちなみにレイダリオは2/1の段階で大まかな見通しを語っており、市場はその通りに動いています。

Our Early Thinking on the Coronavirus and Pandemics

財務についてはやはり、というべきか日経平均代表株の中でもデッドエクイティレシオが高かった(借金比率が多かったSBGはS&Pの格下げもあり、大幅に下落しています

これもレイダリオ大当たりですね。ここにきて急に売上減少だけを気にしていた投資家たちが、財務面が心配になったということなのでしょう。社債スプレッド(リスクが高い社債への上乗せ金利)の急騰からも分かりますね。

あと随所でマイクロソフト連呼していますが、ネタですからね。素人が個別株100%とかやってはだめですよ。ちなみに今回スクリーニングした、時価総額が多く、たくさんお金を持っていて、短期債務が少なく、コロナによる売り上げへの影響が少ない企業ってマイクロソフト以外にも当然色々あって、グーグルとかそうですよね。デッドエクイティレシオ0.08とかですからね。市場全体が上がるのではない、今のような相場こそ個別株が輝くというのは、趣味投資家にとってはある意味楽しい時期なのかもしれません

東大バフェットのコメント

東大バフェット
東大バフェット

マイクロソフトですね。

結論が一緒で吹いたwwwwwww

わかる。わかる。わかる。もう私、ポートフォリオの40%くらいマイクロソフトだもん。。。。。

やっぱロジカルの先にはマイクロソフトか…?

※個別株特有のリスクには気をつけましょう!あとフラグにも気をつけましょう!

本記事は上級者向けです!!!!個別株なので!

※投資は自己責任で!ゴッドラック!

▼投資の基礎まとめ▼

初心者はまずはコレからスタート!
別格のインデックス投資を学べます!

▼リスク管理まとめ!▼

リスク管理が気になる方へ!
注意すべき点をまとめてあります!

▼レバレッジまとめ!(前編)▼

レバレッジを始めたい方向け!
レバレッジ初心者からでも大丈夫!

▼レバレッジまとめ!(後編)▼

さらに深い理論がここに!
究極のインデックス投資を学べます!

ブログ村応援クリックお願いします!

ABOUT ME
東大グレアム
東大グレアム
東大バフェットの大学時代の親友。主に経済的側面からの短期・中期動向や投資スタイルを解説する。類まれなる頭脳と研究能力で東大バフェットを支える最強のブレーン。
カテゴリー内人気記事

COMMENT

メールアドレスが公開されることはありません。