高配当メリットデメリット

【高配当株・グロース株】サイクル分散と集中投資の是非とは

 

昨日はサイクル分散という新たな概念を投げてみました。そこで本日は、

  • サイクル分散をすべきか?集中投資すべきか?
  • サイクル分散をするべきならどのように行うべきか?

この2点について言及します。

【VYM・SPYD】高配当株投資は安全ってほんと?セクター分散が効いてる? って内容をデビュー記事にて書きましたね。 https://selfinvest.net/2019/11/13/en...

サイクル分散とは

企業の成長段階をスポーツ選手に例えると以下のようになります。

新人→若手→全盛期→成熟期→引退

参考:和製バフェット将軍のブログ記事

企業にもこのようなサイクルがあり、

高配当株投資やグロース株投資は特定のサイクルに対して集中投資している状態

であることを昨日の記事(【VYM・SPYD】高配当株投資は安全ってほんと?セクター分散が効いてる?)で述べました。

以下では便宜的に、

全盛期=グロース株

成熟期=高配当株

としましょう。

サイクル分散をするべきか?

分散をすればするほど、リスクに対するリターンの効率は良くなりますよね。

つまり、やるべきかやらないべきかの二項対立で論じた場合はサイクル分散をするべきです。

東大バフェット
東大バフェット

昨日の記事で用いた画像をリサイクルします。

ガブリアヌス
ガブリアヌス

アイキャッチ画像、リサイクルマークだもんな。

ざっくりイメージ感はこんな感じですね。

サイクル分散をやるならインデックス投資

例えばVTIであれば、

新人→若手→全盛期→成熟期→引退

の全てに投資できるといったイメージですね。※非上場株は赤ちゃんということで。

VOOの場合は、

若手→全盛期→成熟期→引退

となるでしょう。いずれにせよ、サイクルの分散が出来ています。

※なお東大バフェットは個人的にVOOよりもVTIを推しているのにお気づきの方はいらっしゃるかもしれませんが、つまりはそういうことです。まあ誤差レベルなので個人的な好みの問題に過ぎません。

ただ、これからの時代に新人が勝つか負けるかは不明ですし、VTIとVOOのどちらを買うか悩む暇があったらポケモンどっち買うか悩むべきですね。

高配当株投資+グロース株投資はありか?

つまり、

全盛期→成熟期

この2つに投資するということですね。まあその人が何をしたいか次第でしょうね。

つまり、以下記事に書いたような双方のメリット・デメリットを両方とも享受したいなら良いのでは?

バトル
高配当株vsグロース株論争に終止符を打つ!米国株村では連日のように高配当株vsグロース株論争が行われています。 東大バフェットからすると「文系vs理系の会話」と同じように、 ...

ただこの場合、高配当株投資+グロース株投資の目的はサイクル分散ではないですね。目的を見失っている。

サイクル分散を目的にしたいのであれば個人的にはVTIかVOOを買うべきだと考えます。

 

応援クリックお願いします!
ブログ村応援クリックお願いします!

サイクル分散をしない場合

サイクル分散をせずに集中投資するという手もあります。便利なので図をリサイクルします。

ここでは「セクター分散をしつつ、サイクルの分散をしない」と考えましょうか。つまり左下部分ですね。

ここで高配当株投資を選択するのも1つの戦略でしょう。まあ高配当株投資とグロース株投資については別の機会にします。

東大バフェットは個人的にはグロース株派なので、以下ではグロース株について述べます。

セクター分散をしつつグロース株集中投資

これにはいくつかやり方がありますね。

個別グロース株への集中投資

これは和製バフェット将軍のスタイルですね。

参考として和製バフェット将軍のポートフォリオの記事へのリンクを載せておきます。

 

VGT+非ハイテクグロース個別株

これは東大バフェットのやり方ですね。まあ詳しくは以下記事に書いてあるのですが、ハイテク株はVGTが優秀なのでいちいち個別株で勝負しなくとも良いのでは?と考えております。

【VGT有能】ハイテク個別株を持つ意味があるかどうか? 和製バフェット将軍よりツイッターで以下のようなお言葉を頂きました。 ブログに神経使うよりも投資に神経を使った方が儲かると思われ...

まあMSFTのチャートが優秀すぎてついつい握力で握りしめてしまうのですがw

投資する銘柄は70種類程度以上には分散させたほうがリスクあたりのリターンのコスパは改善するので、VGT/QQQは非常に優秀ですね。

ここで問題なのが、非ハイテクでグロース系のETFが存在しないことなんですよね。

というわけで東大バフェットは非ハイテクグロース株については個別株で勝負をしております。具体的には以下の2つですね。

  • ダナハー(DHR)(ダナハーちゃんかわいい)
  • アメリカンウォーターワークス(AWK)

これで、グロース株への集中投資+セクター分散を実現しております。

一方で非ハイテク系においては銘柄の分散はできておらず集中投資状態ですね。個人的にはあまり好まないのですが、まあ新卒1年目だし良いでしょうw

ガブリアヌス
ガブリアヌス

グロース株かつセクター分散しつつ銘柄の分散もしたい

東大バフェット
東大バフェット

わがままですね。

東大バフェット
東大バフェット

まあでもあるんですよね。

VUG(グロースETF)

 

バンガード・米国グロースETF(VUG)というものがあります。これ買っておけば良いのでは?

ちなみに(ブログ開設前の)東大バフェットはVUGとVGTとQQQを検討してQQQ買ってVGTに乗り換えました。その辺需要あるのかな。あるなら書きます。

 

VTI+VGT

まあこれも良いと思います。

市場全体を買っておく&ハイテクグロース株に集中投資。全体的にバランスが良い上にリターンも狙えますね。

まあハイテクが暴落したり、グロース株が暴落したりするかもしれませんが。ちなみに高配当株が暴落したりするかもしれませんね。神のみぞ知るところですね。

※ちなみに東大バフェットは投資初心者の方にETFを一つだけ選ぶとしたら、VT(全世界株式)を勧めます。2つならVT+QQQかなぁ。まあQQQの投資信託がないのでドル転直接買い付けになるのでそこを考えるとびみょいですが。あ、でも3つならVTI+VEA+VWOを勧めるかも。それぞれ、米国株式・米国以外先進国株式・新興国株式ですね。等分で持つだなんて一言も言ってませんよ。

ケンカを売るつもりは全くないのですが、ちなみにVTIやVOOは米国への集中投資ですからね。※ここ数年間米国以外に投資する気にはなれないので別に良いのですが。

うーん、書きすぎたw 寝よw

VUGとVGTとQQQの比較&なぜVGTにしたかを書くか、

高配当株とグロース株の終止符パート2を書くか、

てか何書いてほしいとか希望あったら聞きたいですね。Twitterアンケートしますかね。需要のある記事を書きたいので。

なんか他にも書きたいもの色々ありますが、時間がない。ちなみにアマギフは当然ながら誰からも来ていないのでブログ月収15000円です。安心してください。

※投資は自己責任で!ゴッドラック!

▼投資の基礎まとめ▼

初心者はまずはコレからスタート!
別格のインデックス投資を学べます!

▼リスク管理まとめ!▼

リスク管理が気になる方へ!
注意すべき点をまとめてあります!

▼レバレッジまとめ!(前編)▼

レバレッジを始めたい方向け!
レバレッジ初心者からでも大丈夫!

▼レバレッジまとめ!(後編)▼

さらに深い理論がここに!
究極のインデックス投資を学べます!

ブログ村応援クリックお願いします!

ABOUT ME
東大バフェット
東大バフェット
東大卒新卒1年目で資産2000万円を達成。新卒2年目の8月現在では3500万円を運用。投資の長期戦略を超ロジカルに解説します。米国株投資の普及により日本を強くしたいと本気で考えております。米国株ブログPVランキング1位を達成。いつも応援ありがとうございます♪
カテゴリー内人気記事

POSTED COMMENT

  1. アバター 某氏の元信者 より:

    東大バフェット様

    いつも分かりやすくロジカルな記事をありがとうございます。おかげさまで洗脳が解けました。

    1つ気になったのですが、東大バフェット様は仮想通貨についてどのような考えをお持ちなのでしょうか?これは投資なのでしょうか?お時間のある際に考えを教えて頂ければと思います。

    • 東大バフェット 東大バフェット より:

      某氏の元信者様

      お返事遅くなりましたが記事を書きました!
      某氏とは誰のことを指すのかは神のみぞ知るところですね。

COMMENT

メールアドレスが公開されることはありません。