VGT・QQQ・TECL

【意外?】VOOって情報技術セクターにめっちゃ割合割いてますからね?

 

ハイテクが今後上がるか?ハイテクが暴落するか?

そのうちいつかきっとハイテクは暴落するでしょうね。未来は分からないですが、暴落したとしてもそのうちハイテクは復活するかもしれません。

ところで、

VOOで一番比重の高いセクターってどれだか知っていますか?

時価総額加重平均を考える

ざっくり言うと、VOO(ていうかVTI)って時価総額加重平均ですよね。

そうしたら、今一番成長しているハイテクセクターにかなりの割合を割いていることになりません?

 

改めてちゃんと見てみましょう。

 

VOOのセクター別構成比率

2019/11/30現在

セクター VOO
Information Technology 22.8 %
ヘルスケア 14.2 %
金融 13.1 %
Communication Services 10.4 %
一般消費財 9.8 %
資本財 9.3 %
生活必需品 7.2 %
Energy 4.2 %
公益 3.3 %
不動産 3.0 %
Materials 2.7 %
100 %

バンガードHPより

さて、VOOはInformation Technologyというセクターに22.8%を割いていますね?

Information Technologyってなんですかね。直訳すると「情報技術」でしょうか。

頭文字を取ると「IT」かもしれません。

ちなみに東大バフェットはアルファベット頭文字系用語が嫌いですけど。ITならさすがに意味伝わるでしょう。

【KPI】カタカナ語、アルファベット語がきらい 配当金をKPI 総資産をKPI とか東大バフェットは言っていましたが、KPIってなんやねん?って感じですよね...

 

そして、Communication Servicesとかいうセクターがありますね?

このセクター、実はGoogleとかFacebookが属しているんですよ。

VOOのうち、Googleは約3%、Facebookは約1.8%を占めております。この2つはぶっちゃけIT企業でしょう。異論はないと思います。

この2つを合わせるだけでも、VOOはIT系に27.6%も割いていることになります。

ハイテクは暴落するから怖いからVOO!というのは一定正しい回答だと思います。ただ、VOOを買ってもIT系に1/4以上の割合で投資していることになっていますからね。

仮にVOO:VGT=50:50で保有したとしても実質的にはIT系に65%くらい割いていることになりますね。つまり今の東大バフェットはIT系に半分以上の割合を割いております。

まあ強いてVGTを買わずとも、市場平均を買い続けているだけで自然とハイテクセクターの伸びを享受できるので、迷うようであればVOOをひたすら買い続けましょう。

※投資は自己責任で!ゴッドラック!

▼投資の基礎まとめ▼

初心者はまずはコレからスタート!
別格のインデックス投資を学べます!

▼リスク管理まとめ!▼

リスク管理が気になる方へ!
注意すべき点をまとめてあります!

▼レバレッジまとめ!(前編)▼

レバレッジを始めたい方向け!
レバレッジ初心者からでも大丈夫!

▼レバレッジまとめ!(後編)▼

さらに深い理論がここに!
究極のインデックス投資を学べます!

ブログ村応援クリックお願いします!

ABOUT ME
東大バフェット
東大バフェット
東大卒新卒1年目で資産2000万円を達成。新卒2年目の8月現在では3500万円を運用。投資の長期戦略を超ロジカルに解説します。米国株投資の普及により日本を強くしたいと本気で考えております。米国株ブログPVランキング1位を達成。いつも応援ありがとうございます♪
カテゴリー内人気記事

COMMENT

メールアドレスが公開されることはありません。