相場予測・市況・ファンダ解説

【ドル円どうなる?】インフレがヤバい!金利が上昇したらどうなる!?今後の日本の行く末とは?

【インフレがヤバい!?日本の金利が上昇したらどうなる!?】

~日銀が利上げをしたシナリオ~

バブル崩壊以降、長らく日本はデフレ経済に陥っていたとされています。

本当は徐々に値上げはされてたわけですが、2022年以降、ハッキリとインフレが始まったと感じている人は多いのではないでしょうか?

ただ、これは序章なのかも知れません。

インフレが常態化する世界にパラダイムシフトしてしまっているとするなら、今後日本はどうなっていくのでしょうか?

今後、日本には2つの未来があると私は考えています。

今回は、金利を上昇させて通貨防衛を行い、インフレを食い止める策を取った未来についてお伝えしていきます。

もう1つの未来である円安の許容シナリオについて気になる方は、リプ欄の解説を見てくださいね。

今回も丁寧に解説することを心がけているので長い解説になります。長文は読むのは面倒で諦めたくなる人もいますよね。

そんな人向けに✅マークで要点をまとめています。✅マークだけでも読んでみてください!

結局どうすればいいの?という簡単な解決策も最後に書いてあります!

━━━━━━━━━━━

【インフレの原因!積み上がる政府債務!】

日本政府は深刻な財政赤字の継続により、政府債務が積み上がっています。

「日本政府は自国通貨建の債務を発行できるので財政破綻はしない!」という考えは百も承知ですが、財政破綻ではなく政府債務によるインフレが今回の焦点です。

以下は日銀の資金循環統計で示されている政府の財務残高の推移です。

既に1400兆円の債務を有しています。

これだけの債務が積み重なると、金利が上昇し利払い費が増加するだけで、財政が大幅に悪化します。※現在は日銀の金融政策のおかげで、利払い費を8兆円に抑えられています。

また、114兆円の歳出を賄うために新たに35兆円の国債を新規発行で調達しています。

今後も日本は少子高齢化社会が進展していくので、新たに国債を発行して資金調達を行い社会保障費等の支出を賄うことになっていきます。

そのため債務残高は拡大しつづけ、利払い費も増加し、政府支出が増加していくことはほぼ確実と言えるでしょう。

徴収した税金以上の政府支出は、当然のことながら日本国内に流通する日本円の残高を増加させることを意味します。

このままの状況が続くと、毎年、日本国内に流通する日本円は増加していくので、日本だけの要因でも徐々にインフレをもたらしていきます。

※日本国内に流通する日本円が増加した際、流れてきた資金を国民が消費に利用せず貯蓄に回した場合、インフレは抑制されます。
それが平成以降の失われた30年間だったわけですが、実際には緩やかにインフレは発生していました。

✅債務が相当積み上がっているので、今後は利払い費の増加も懸念される
✅政府支出の増加は避けられず、市中に出回る日本円は増加し続け、インフレは進展する

━━━━━━━━━━━

【少子高齢化とインフレ】

日本国債は今のところは暴落せず、現状はまだなんとか耐えているといっても良いでしょう。

今後さらに債務残高が積み上がったとしても、少子高齢化により物の買い手が少ない日本では、需要が拡大しにくいので、この面からはインフレが進みにくいと言えます。

需要が高ければ価格が上がるのですから、需要が少なければ価格は下がりますよね。

そのため過度なインフレ抑制が不要となり、低金利のままでも大丈夫になります。

金利が低ければ、日本国債の利払い費用も低く抑えられます。

✅少子高齢化→買い手がいない→需要が少ない→デマンドプルインフレにならない→過度なインフレ抑制が不要→低金利で良い→日本国債の利払い費用は少なく済む

とはいえ、新規国債発行の増加で日本に出回る日本円が増えていきます。

その結果として、徐々に発生するインフレに締め上げられていくというジリ貧状況が継続するということになるでしょう。

先ほど※でお伝えした通り、この状態はここ30年続いていたことです。

税収だけでは賄いきれない社会保障費の増加に対して、インフレという形で国民が負担してきたのがバブル崩壊後の30年間ですね。

(まあ、私はバブル崩壊後に生まれているので、私の人生はずっとこの状態なのですが…)

なお、少子高齢化は深刻化し続けているので、今後は今までの緩やかなインフレよりも加速することは想定されます。

以上は全て、仮に世界が日本だけだった場合の話です。

━━━━━━━━━━━

【今後のシナリオ:金利が上がり、日本国債が暴落するケース】

しかし、当然ですが世界にある国は日本だけではありません。

債務が積み上がっていく状況で、今回のように世界的なインフレが再び発生し、定着してしまったらどうなっていくでしょうか?

今回のインフレ局面では、日銀は金利を引き上げませんでした。しかし、今後更にインフレが進行した場合、金利を引き上げるという選択を取る可能性があります。

通常、金利を上げるのは需要を抑え込むためですが、日本はそもそも需要が弱いです。

もし、日本が金利を引き上げざるを得ない事態に追い込まれるとすると、それは通貨防衛のためと言えるでしょう。

つまり日本円の通貨価値を防衛し、輸入物価の高騰を抑えるために実施される可能性が高いでしょう。

現在、発行されている国債の約半分である約600兆円を日銀が保有しています。

この状況での利上げは深刻な事態を招きます。

日銀の資産は大部分が長期国債であり、負債の大部分を当座預金が占めています。
※日銀のバランスシートは以下の通り。

当座預金というのは市中の銀行が日本銀行に預けている預金のことで、日銀は当座預金に対して金利を支払っています。これはアメリカの中央銀行でも同じですね。

金利が上昇すると<負債>の当座預金に支払う利息が上昇する反面、<資産>で既に保有している長期国債から受け取る利息は変わりません。

そのため、日銀の支払い額(当座預金への付利)が受け取り額(保有国債の利息)を上回り日銀の損益がマイナスになります。※既にFRBがこの状態になって久しいです。

今までは利息収入の方が支払い利息より大きかったので、日銀が国に得られた利益を毎年返していました。

しかし、利上げを行うと逆に通貨発行を行うなどして損失を補填していかなければなりません。

この状態が継続していくと、中央銀行の信任が損なわれて更に国債が売り込まれて金利が上昇していくというスパイラルに陥るという考えもあります。

結果、日銀の赤字が増加し続けます。そして日銀の損失補填のために通貨発行量が増加しつづけ、結局守ろうとした通貨価値を防衛できずインフレを加速させてしまうおそれもあります。

ただ、現状赤字になっているFRBやBoEやRBA(アメリカ・イギリス・オーストラリアの中央銀行)といった世界の主要な中央銀行では「中央銀行の信任が損なわれて更に国債が売り込まれるという事態」には発展していません。

※もちろん、今後どうなるかはわかりませんが、日本国債は主に日銀と国内金融機関によって保有されているので可能性は低いと考えています。

━━━━━━━━━━━

【金利上昇で日本経済はどうなる?】

それよりも懸念されるのは日本経済への影響です。

金利上昇シナリオでは、超低金利に慣れきってしまっている日本経済は壊滅的な打撃を受けます。

需要が強いから利上げをするわけではなく、主に通貨防衛によりインフレ抑制を行うために行うわけですからね。

そして当然ながら金利の上昇にしたがって日本の株価も大きく下落していくという結果になります。

与信目一杯で変動型の住宅ローンを借りている人は、日本の金利の高騰で破綻するのは火を見るより明らかですね。住宅ローンを変動型で借りている人は全体の70%、固定併用型と合わせると90%にのぼりますからね。

日本国債の暴落ケースは、痛みを伴う金利引き上げを継続することで円安を抑制し輸入物価の高騰に歯止めをかけ、次第にインフレが収束し、不況と資産価格の下落を招くという結果に落ち着くことになるでしょう。

ただ、正直言うと、政策担当者がこのシナリオを採用する可能性は低いと思います。

この金利上昇シナリオは経済を失墜させるので明らかに支持率が落ちるのが目に見えていますからね。

※少しの利上げを実施する可能性はありますが、それでも日本経済に大きな影響があります。

住宅ローンを組んでいる人はローン支払いができなくなりますし、金利高騰により倒産した会社が相次ぐでしょうし、国民からの不満が爆発しますからね。それが民主主義というものです。

✅通貨防衛の目的で金利が上昇する可能性はある
✅利上げを続けることで経済はしぼむが、通貨防衛と需要縮小でインフレを鎮圧
✅この過程で株や不動産などの資産価格の価値は減少する
✅経済崩壊を招く恐れがあるので政策担当者はこの選択肢を取りにくい
✅ただ、ある程度の利上げは行う可能性があり油断はできない

━━━━━━━━━━━

【対応策とは?】

日本国債の暴落シナリオ(=日本の金利上昇)の場合、株や不動産価格は下落します。

2022年の金価格を見れば分かる通り、金を保有していたとしても必ずしも資産が守られるとは限りません。

このシナリオの場合、日本国債をショートすることで利益を上げることができます。

私がメインで使っているIG証券では日本国債のショートが可能ですね。私限定の特別コラボを実施中ですので、リプ欄に貼っておく詳細をチェックしてください!

一方、リプ欄で解説する円安許容シナリオの場合、株式に投資しておくことが資産防衛手段になります。

ここ数年の日経平均・円建でのS&P500・円建てでの全世界株式の動きをみていれば想像に難くないですね。

あくまで二元論的にお伝えしましたが、この2つのミックスとなる場合も当然想定されます。

つまり、ある程度までは金利を上昇させて対応するが、そこからは円安を許容していくというものです。

いつ株を売るのか?いつ株を買うのか?といったタイミングが非常に重要になってきますね。

このように未来予測をしながら投資を行うのは必須のスキルです。

とはいえ、本業を行っている兼業投資家の場合、様々な研究や考察をした上で未来予測を行い、当てていくのは非常に難しいですよね。

簡単な解決策としては、相場予測を当てまくって20代で億り人を達成している私に「相場予測を丸投げする」という手法が最適解となるでしょう。

無料の解説ですらこのクオリティです。であれば、有料の相場予測はより高品質ですね!

今なら私も実際に使用しているIG証券を開設することで、私が提供している相場予測noteを無料で試すことができるキャンペーンも実施中ですので、リプ欄をチェックしてみてください!

✅利上げシナリオの場合はIG証券で日本国債を空売りするのが有力な選択肢
✅日本円の暴落シナリオの場合は株式が有力候補
✅両者のミックスシナリオの場合、投資タイミング・投資対象の選定が非常に重要
✅相場予測を当てまくってる私に「相場予測を丸投げする」のが最適解

今回は、金利を上昇させて通貨防衛を行い、インフレを食い止める策を取った未来についてお伝えしました。

もう1つの未来である円安の許容シナリオについて気になる方は、リプ欄の解説を見てくださいね。

◯お願い

ここまでの解説が良かったと思ったら、RT・いいね・フォローをよろしくお願いします。今後も情報発信を無料で続けていくモチベーションになります。

相場予測noteを無料お試しできるキャンペーン!

  • 相場当てまくりの相場予測noteを無料で読める!
  • 秘密の爆益銘柄を無料でチェックできる!
  • 紙書籍が郵送されてくる!
  • 総額1万円相当を無料でプレゼント!

超豪華な特別キャンペーンをIG証券様が実現してくれました!

ダナハーちゃん
ダナハーちゃん
全部無料ですごい🐰❗
  • 私の相場予測を無料で読める!
  • 総額1万円相当のプレゼントを無料でゲットできる!
【見ないと損する!】無料で読める!非常に高い的中率の相場予測noteで爆益を掴み取ろう!【悪用厳禁】イナゴで爆益!大好評の相場予測! 先出しで相場予測を公開しているので、誰でも簡単に真似できます! 私は東大を卒業後、大企業に...

IG証券でしか取り扱っていない投資対象が山ほど存在するため、私のように幅広い投資対象へ投資するなら必須の口座ですね!私自身もIG証券を利用しています!

秘密の爆益銘柄も公開中!

ブログの記事は全て無料で読めますが、【相場予測note】に関しては有料記事となっています。

ダナハーちゃん
ダナハーちゃん
無料記事でもすごいなら、有料記事はもっとすごい!
▼相場予測・神託note

予言書とか言われちゃうレベル!?
驚異の的中率!爆益銘柄の公開!
別格すぎる相場予測を公開中!

カテゴリー一覧
カテゴリー内人気記事