相場予測・市況・ファンダ解説

【アメリカの労働市場は本当に強いのか?】数字だけでなく、中身にも注目!

【アメリカの労働市場は本当に強いのか?】

数字だけでなく、中身にも注目!

2023年の雇用創出を見ると、

・1位:民間教育&医療サービス

・2位:政府(公務員)

・3位:レジャー&接客業

この3つが雇用創出の大部分を占めています。

パンデミックにより医療従事者は増えたものの、米国はそもそも構造的な高齢化問題を抱えているため、医療従事者の雇用が増加するのは必然ですね。

レジャー&接客業はパンデミック回復の恩恵ですね。

気になるのが、パンデミック回復の恩恵を受けた接客業よりも政府(公務員)雇用が多い点。これはちょっと引っかかるところです。

━━━━━━━━━━━

【失業率・賃金・物価の推移】

↑失業率

↓賃金と物価

確かに失業率が低水準を維持できていることや、2022年中旬(ピーク時)から現在までのCPI下落に対し、収入(時給)の下落が緩やかだったことは素晴らしいことです。

ただ、それはパンデミック前後で雇用創造が著しく難しくなり、雇用主が弱い立場にあったのが原因かもしれません。

時給を上げても雇用が少なく、パンデミック回復後もそれは続き、最低賃金で働く労働者の時給を大きく上昇させなければ雇用が回らなかったということです。

━━━━━━━━━━━

【雇用者数の推移】

CPIが急激に下落してくれたことで雇用主の立場が回復したものの、現在は正規雇用より時給の高いパートタイマーを求めがちな状況。実際、正規雇用よりもパートタイマーが急増しています。

このまま雇用主の立場がますます回復すれば、今度は賃金上昇率が下落してくる可能性がありますね。

労働者もパンデミック時代の貯蓄を取り崩し続けているため、消費者が支出を抑える段階が急に訪れるかも…?

もしそうなれば、経済成長並びに労働市場が鈍化して、失業率は再び上昇しますね。

2024年の雇用創造の形に注目していきたいところです。

◯お願い
こういう解説が今後も欲しいと思ったら、RT・いいね・フォローをよろしくお願いします。今後も情報発信を無料で続けていくモチベーションになります。

 

相場予測noteを無料お試しできるキャンペーン!

  • 相場当てまくりの相場予測noteを無料で読める!
  • 秘密の爆益銘柄を無料でチェックできる!
  • 紙書籍が郵送されてくる!
  • 総額1万円相当を無料でプレゼント!

超豪華な特別キャンペーンをIG証券様が実現してくれました!

ダナハーちゃん
ダナハーちゃん
全部無料ですごい🐰❗
  • 私の相場予測を無料で読める!
  • 総額1万円相当のプレゼントを無料でゲットできる!
【見ないと損する!】無料で読める!非常に高い的中率の相場予測noteで爆益を掴み取ろう!【悪用厳禁】イナゴで爆益!大好評の相場予測! 先出しで相場予測を公開しているので、誰でも簡単に真似できます! 私は東大を卒業後、大企業に...

IG証券でしか取り扱っていない投資対象が山ほど存在するため、私のように幅広い投資対象へ投資するなら必須の口座ですね!私自身もIG証券を利用しています!

秘密の爆益銘柄も公開中!

ブログの記事は全て無料で読めますが、【相場予測note】に関しては有料記事となっています。

ダナハーちゃん
ダナハーちゃん
無料記事でもすごいなら、有料記事はもっとすごい!
▼相場予測・神託note

予言書とか言われちゃうレベル!?
驚異の的中率!爆益銘柄の公開!
別格すぎる相場予測を公開中!

カテゴリー一覧
カテゴリー内人気記事