世界と市場の未来予測・実績

FRB「2年債-10年債の逆イールドに恐れるな!不景気入りシグナルで本当に見るべきはこれ!」

東大ぱふぇっとです。

最近、逆イールドが話題ですね。

先月末に、ついに米国2年債利回りと10年債利回りが逆転しちゃったんですよ。
(短期金利が長期金利より高くなることを逆イールドって言います。)

米国2年債-10年債の金利差推移出所:FRED

 

逆イールドは不景気入りのシグナルとして見られてます。

普通、長期金利の方が短期金利よりも金利が高いんですが、短期金利の方が高くなるということは、投資家が短期的に不景気入りを懸念してると考えられるからです。

そして長短金利差で一番よくみられるのが2年債と10年債の利回り差。

なので、2年債-10年債の利回り差が逆転したとたんに、みんなが口をそろえて「逆イールド!!!」と叫び始めたわけです。

ところが3月25日、FRBがこんな声明を出しました。

逆イールドを恐れるな!

出典:FRB

ダナハーちゃん
ダナハーちゃん
??

どういうこと🐰❓

今回は、そんなFRBの声明について解説していきますね。

見るべきは「短期フォワードスプレッド」

結論からいうとFRBは、不景気入りのシグナルとして見るべきは「2年債-10年債の利回り差」ではなく「短期フォワードスプレッド」だ!と言ってます。

「短期フォワードスプレッド」とは、“現在の3か月金利”と”1年半先の3か月金利”の利回り差のことを指してます。

ダナハーちゃん
ダナハーちゃん
“1年半先の3か月金利”ってなに。。。

ごちゃごちゃしてきますよね。

これは21カ月金利と18カ月金利から逆算できるんです。

つまり、以下の2つのパターンの運用結果は理論的には同じになるはず、という前提で”1年半先の3か月金利”を逆算するんです。

  1. 期間21カ月の国債を買って満期まで運用する
  2. 期間18カ月の国債を買い、18か月後に3か月国債を買って、合計で21カ月間運用する

現時点で21カ月金利と18カ月金利はわかるので、方程式を解けば18か月後の3か月金利を逆算できますね。

ちなみに、FRBが「短期フォワードスプレッド」を見るべき!と主張するのは今に始まったことじゃないです。

実は以下の論文が公表された2018年以降、FRBは「短期フォワードスプレッド」を重視するようになったんです。

https://www.federalreserve.gov/econres/feds/files/2018055pap.pdf

この論文では、2年債-10年債の利回り差の逆転は不景気入りシグナルとしてあまり使えないことを示す統計的証拠をあげています。

そして、2年債-10年債の利回り差よりも「短期フォワードスプレッド」を見るべきだというんです。

しかも「短期フォワードスプレッド」は景気後退の可能性だけでなく、その後の4四半期のGDP成長率や株式の収益率についてもかなりの予測力を持つことを示しています。

ちなみに「短期フォワードスプレッド」が予測力を持つ理由には明白な解釈があります。

例えば多くの投資家が1年半以内に不景気入りすると考えてるとしましょう。

すると不景気入りの直後にFRBは金融緩和するので利下げしますよね。

よって、1年半先の短期金利は今よりも下がって逆イールドが発生するというとってもシンプルな理屈なんです。

もちろん、2年債-10年債の利回り差もこうした投資家の思惑の影響を受けます。

ただ、この指標は長期債のリスクプレミアムとか、他の要因にも振り回されます。なので、不景気入りを表すシグナルとしては雑音が多くてクリアじゃないんです。

FRBの結論としては、今回の2年債-10年債の逆イールドのみならず他のどの期間の逆イールドも恐れる必要はないとのこと。

見るべきは、「短期フォワードスプレッド」だけで、それは逆イールドになっていないのだからあたふたするな!ということみたいです。

短期フォワードスプレッドと不景気の関係

次に「短期フォワードスプレッド」がほんとに不景気入りのシグナルになっているか、過去のデータを見ていきましょう。

ここでは「2年債-10年債の利回り差」と「短期フォワードスプレッド」の推移と景気後退期の関係を図であらわしています。

青色:「2年債-10年債の利回り差」
赤色:「短期フォワードスプレッド」

逆イールドの推移出所:FRB

※灰色部分は景気後退期、水色部分はゼロ金利政策期間

灰色部分が景気後退期なので、「短期フォワードスプレッド」が景気後退前に見事に逆イールドになっていますね。

つまり、「短期フォワードスプレッド」は不景気入りのシグナルとしてワークしていることがわかります。

東大ぱふぇっと
東大ぱふぇっと
ただ、これって「短期フォワードスプレッド」の有効性を証明することになってるけど、、、

実は「2年債-10年債の利回り差」の非有効性を証明することにはなってないんだけどね。。。

今の状況

次に現在の足元の状況を分析していきます。

以下は直近の「2年債-10年債スプレッド」と「短期フォワードスプレッド」の推移です。
(ちなみに3月末に2年債-10年債は逆イールドになりました)

青色:「2年債-10年債の利回り差」
赤色:「短期フォワードスプレッド」

米国債長短金利差出所:FRB

 

これを見ると「2年債-10年債の利回り差」と「短期フォワードスプレッド」は見事に逆の動きをしていますね。

「短期フォワードスプレッド」が上昇している理由は単純で、今後FRBが利上げすることを発表しているからです。

つまり足元の金利は低いけど、1年半後はもっと金利が上がっているはず、ということが反映されているわけです。

もっというと、近いうちに不景気入りして1年半後に再び金融緩和が行われているとは、市場参加者は考えていないということです。

もちろん、市場参加者は”金融引き締め”と”景気後退の可能性の上昇”を同時に予想している可能性もあります。

ただ専門家向けアンケート調査によると、今のところ多くの人は近い将来の不景気入りを予測していません。

それでは「2年債-10年債の利回り差」はなぜ下落し、その後逆イールド化したのでしょうか?

FRBは以下3つの要因あると考えています。

  1. 市場参加者は、FRBが1年半以内に利上げをストップすると考えているから
    (よって直近2年の金利は高いが、10年という期間で考えればもう少し金利は落ち着いている)
  2. 将来の中立金利は歴史的基準からみて低くなると予想されているから
    (直近2年はFRBの利上げで金利は高くなるが、高インフレという異常な状況が過ぎた後の中立的な金利は低くなるだろうと考えられておりそれが10年金利に反映されている)
  3. 今後2年間のインフレ率がその後8年間よりも高くなると予想されているから

これらの要因は2年債-10年債の利回り差をうまく説明していますが、いずれも景気後退入りを示唆するものではないんです。

こういった理由から、2年債-10年債の逆イールドは気にする必要ないということなんですね。

 FRBの結論

今回の逆イールドに関して、FRBは以下のように結論付けています。

  • 長短金利差の逆転を景気後退シグナルとして解釈するのは妥当ではない。
  • 特に2年債-10年債スプレッドは雑音が多く適切ではない
  • 「短期フォワードスプレッド」が拡大している状況下2年債-10年債の逆イールドを懸念する理由は見当たらない。
  • 一方、2年債-10年債の逆イールドは2年以内の金融引き締め停止が予測されているわけだが、それは不景気入りが予測されているというより、足元の高インフレが近いうちに落ち着いた結果として金融引き締めが停止される、と考えるほうが妥当だろう。

経済の予測はできる

ここまで見てきましたが一番驚きなのは、あのFRBがこのような経済予測指標を金融政策の材料にしているということですね。

経済予測指標には一定の信頼を置けることがわかりますね。

ただ効率的市場仮説論者に言わせると「経済予測指標がほんとに正しければ、即座に株価に織り込まれて終わり」となりそうなんですが、過去の例を振り返れば、逆イールドが発生した後も株価は不景気入りを織り込まず堅調に推移する例が多いですよね。

つまり、精度の高い経済予測指標を細かく見ていけば、他の投資家を出し抜いて利益を出せちゃうということです。

そして精度の高い経済予測指標というのは何も逆イールドだけじゃなく他にもいくつかあります。

複数の指標を見て、総合的に判断して将来予測をしていく必要があるんです。

ダナハーちゃん
ダナハーちゃん
そんなこと言っても、素人にはそんなこと無理ゲーでしょ。。。🐰💔

はい。そこで素人でもわかるようなシステムを開発しちゃいました。

それが「うさぎシステム」です。

「うさぎシステム」は、経済予測指標を活用した相場予測システムです。結果は以下の通り、殆ど底で仕入れて、高値で売り、暴落を回避しています。

青丸で買って、赤丸で利確ですね。

【上昇局面】

【下落局面】

ぱふぇっと:以下で詳しく説明しているから覗いて見てね!

【朗報】AI相場予測システム、遂に完成!機械学習に基づく相場予測システムを公開!

【朗報】AI相場予測システム、遂に完成!機械学習に基づく相場予測システムを公開!東大ぱふぇっとです。 私は世界の未来予測をもとにトレードポジションを構築して爆益を出しています。 Twitterやブログ、n...

まとめ

  • FRBの主張としては、不景気入りシグナルとして見るべきは”現在の3か月金利”と”1年半先の3か月金利”の利回り差。
  • 2年債-10年債の利回り差は、不景気入りのシグナルも含むが、他の多くの要因によって動くのでクリアではない。
  • 現在、2年債-10年債の利回り差は逆転してるが、”現在の3か月金利”と”1年半先の3か月金利”の利回り差は逆転どころか拡大傾向にある。
  • よって現時点で不景気入りを心配する必要はない。
  • 経済の将来予測をしたいなら、私がエンジニアと開発したうさぎシステムが最適!

私は様々な手法を取り入れて、非常に精度が高い相場予測を実現しています。

4月版のnoteの口コミなどは以下記事にまとめてありますので、ぜひ見てみてくださいね。

【相場解説】相場的中しまくり!4月の相場振り返りと口コミと来月の展望東大ぱふぇっとです。 4月の相場は一般には難しかったでしょうが、私にとっては簡単でした。【投資神託・予言書】毎月の短期ポジション★...

実際に私のnoteを見て、ポジションや相場観を参考にして爆益を出している方々がたくさんいるわけです。

いいね数は1111を超えていますね🐰💕

投資家たるもの、是非とも実績や数字をもとにしてしっかりとした投資判断を下したいものですね。

ともに爆益の彼方へ。ゴッドラック!

超お得なお知らせ!

東大ぱふぇっと
東大ぱふぇっと
本ブログ限定で全員に4000円プレゼントの特別コラボをGMOクリック証券様と実施中です!
ダナハーちゃん
ダナハーちゃん
ぶっちゃけ15分くらいで出来るから、時給換算すると10000円を余裕で超えちゃうね!
東大ぱふぇっと
東大ぱふぇっと
口座開設→取引だけでなんと全員に4000円プレゼント!

ダナハーちゃん
ダナハーちゃん
これはめちゃくちゃお得すぎてやるしかない…!
東大ぱふぇっと
東大ぱふぇっと
最短で4000円ゲットする方法はこちらの記事に詳しくまとめてあります!

ダナハーちゃん
ダナハーちゃん
このキャンペーンを使えば、有料記事を実質4000円引きで読めるから投資で勝つ知識もお得価格で手に入っちゃうね!
東大ぱふぇっと
東大ぱふぇっと

本ブログは無料で記事を公開しておりますが、一部まとめ記事は有料とさせて頂いています。お役に立てたようであれば、以下のまとめ記事もぜひご覧くださいね!

ダナハーちゃん
ダナハーちゃん

無料記事でもすごいなら、有料記事はもっとすごい…!?

▼投資神託・予言書

予言書とか言われちゃうレベル!?
驚異の的中率!そして豪華なおまけ!
別格すぎる世界の未来予測を学べます!

▼投資の基礎まとめ▼

初心者はまずはコレからスタート!
インデックスでインデックスを上回る!?
別格のインデックス投資を学べます!

▼レバナス・レバレッジETFまとめ!▼

レバレッジを始めたい方向け!
レバレッジETF初心者からでも大丈夫!
レバナスで投機ではなく投資をしよう!

▼デリバティブ・インデックス投資▼

さらに深い理論がここに!
究極のインデックス投資を学べます!

▼リスク管理まとめ!▼

リスク管理が気になる方へ!
注意すべき点をまとめてあります!

カテゴリー内人気記事