IG証券の使い方

【投資の裏技】レバナスを超える禁断のデリバティブ・インデックス投資をなんと無料公開!☆市場リターンを超越するデリバティブ・インデックス投資とは?☆

東大ぱふぇっとです。

なんと禁断のインデックス投資たる【投資の裏技】を無料公開しちゃいます!!

レバナスは気軽にレバレッジを掛けることが出来て非常に人気の投資手法です。本ブログでもレバナスの解説はたくさん行っております。また、楽天レバナスの登場でさらに注目を集める投資手法となることでしょう。

本ブログでは万人向けの再現性が高い投資手法としてインデックス投資を推奨しています。インデックス投資は良くも悪くも市場平均のリターンが保証されているため、市場平均のリターンしか得られないとも言えます。

『市場平均をアウトパフォームしたい』と思う人は多いことでしょう。

その結果として個別株投資に走る人は多いですが、個別株投資は銘柄分析の必要があります。一般に個別株投資は一過性の勉強で済むものではなく、銘柄を追い研究し続ける必要があるでしょう。これは兼業の一般的な個人投資家には中々難しい作業です。

加えて、分析した個別株が市場平均をアウトパフォームするかは不明ですし、好条件の下でも売買の度に往復で44ドル掛かることも考慮すべきでしょう。※特定口座対応3大ネット証券の手数料キャップを採用。

そこで本ブログでは市場平均に対するレバレッジを万人向けの再現性が高い投資手法として取り上げています。市場平均に対するレバレッジであれば銘柄分析は不要です。

例えば市場平均に1.1倍程度のレバレッジを掛けた場合、期待できるリターンは当然ながら市場平均の1.1倍程度となります。個別株分析に力を入れる必要がないので、万人向けの再現性を高く保ちつつ市場平均に対するアウトパフォームを狙うことが可能です。

(毎日n倍複利ではない)単利レバレッジを低金利で掛けることができれば理想ですよね。

レバナスは気軽にレバレッジを掛けられる

簡潔な解決策としてレバナスは非常に有力でしょう。レバナスは投資信託であるため、ドル転などは一切不要で気軽に購入することが可能です。

気軽にレバレッジを掛けられるのはレバナスのメリットであり、本ブログでレバナスを頻繁に取り上げている理由の1つでもあります。

一方で、レバナスにも弱点は存在します。レバナスに詳しい方々であれば十分ご理解頂いている内容ではありますが、レバナス初心者の方もいることを踏まえて簡単に解説をします。

レバナスのデメリット

レバナスの最大のデメリットは毎日2倍複利による減価でしょう。レバナスは2倍レバレッジではなく、毎日2倍複利です。

毎日2倍複利であるため、レバナスの将来的なリターンはNASDAQ100の2倍となるわけではありません。レバナスのリターンが大きく超えることもあるでしょうし、大きく下回ることもあるでしょう。

レバナスの問題点を解決する

レバナスの毎日2倍複利を解決する手法として、デリバティブの利用が挙げられます。

この際に問題となるのは以下の点です。

  • レバレッジ手法によっては金利コストや手数料が負担となる。
  • デリバティブ・インデックス投資で採用しているデリバティブの仕組みが難解かつ、最低取引単位が大きく手が出しにくい。

これらの課題を解決する手法が、IG証券によるCFDを用いたレバレッジです。

※CFDとは差金決済取引のことです。差額のやり取りだけが発生する取引であるため、レバレッジを掛けることが可能です。

IG証券の手数料は格安すぎる!

一般にCFD取引では金利に相当する手数料が発生します。ところが、IG証券であればこの金利に相当する額が格安であると考えられます。(市況によって左右される要素なので断言はできませんが)基本的に楽天レバナスよりも安いと考えられます。※なおそのような市況の際には楽天レバナスの経費率も上昇すると考えられます。

IG証券でNASDAQ100、S&P500など主要指数にCFDでレバレッジを掛ける際、原資産は株価指数先物ですので原資産の金利コストは格安であると言えます。

そしてレバナスであれば経費率に相当する額が上乗せされるのですが、IG証券では経費率に相当するような上乗せ額がほぼ存在しないと考えられます。

代わりに発生するのが売買時のスプレッドです。IG証券のCFDは手数料無料ですがスプレッドが存在するため、実質的には売買手数料に相当すると考えられます。

外部公開されている資料を読み漁ったところ、IG証券のスプレッド(実質的な売買手数料)は非常に格安であると結論付けました。業界最安水準のスプレッドなので特に問題はありませんね。

競合他社と比較すると、S&P500・ゴールド・原油その他色々とIG証券の方がスプレッド(実質手数料)が安いですね。
※なお、両方とも格安で誤差レベルなので、その他の要素で決めたほうが良いですね。

  • IG証券は債券先物などもあり取引対象が豊富です。
  • IG証券取引手法・注文方法が多彩です。
  • IG証券はアプリ版だけでなく、PC版(Web版)もUIが優秀です。

よって、基本的にIG証券で良いと結論づけました。GMOは特にトレール幅が非常に狭いのがネック過ぎますね。。。

安心のサポート体制と日本語対応

また、IG証券は国内の証券会社であるため、日本語によるサポート体制やホームページ上の解説も充実している点も高評価です。

また、電話サポートも嬉しいですね。CFDで分からないことがあっても、IG証券ならいつでも電話で問い合わせることができる安心のサポート体制です。

私は何度もメールで質問をしましたが、回答が非常に早く丁寧で信頼できる証券会社です。

レバナスの問題点の再掲

さて、レバナスには毎日2倍複利という弱点がありました。

これはデリバティブの利用で解決できます。

しかし、デリバティブを用いたレバレッジには以下のような課題がありました。

  • ①レバレッジ手法によっては金利コストや手数料が負担となる。
  • デリバティブ・インデックス投資で採用しているデリバティブの仕組みが難解かつ、最低取引単位が大きく手が出しにくい。

①と②について、なんとIG証券のCFD取引を用いることで解決可能なのです。

レバナスの問題点の解決方法

コスト面の問題

IG証券は先にも紹介したように、金利コストなどの実質的な手数料が国内最安水準となっています。

毎日2倍複利の問題

IG証券では毎日2倍複利ではなく、単利レバレッジを掛けることが可能です。そのため、毎日2倍複利による減価という問題は一切発生しません。

最低取引単位の問題

IG証券では日本在住の個人が気軽に取引できるよう、かなり少額からの投資が可能となっています。

NASDAQ100に投資する上での必要最低金額は2万円程度、S&P500の場合は5000円程度となっており、投資にチャレンジしたい人なら誰でも買える額となっています。

どの程度のレバレッジを掛けるか

ここから先は非常に難しい問題となります。

なぜなら…人によって最適なレバレッジ比率は異なるからです。詳しくはデリバティブ・インデックス投資で解説をしていますが、本記事では無料で少しだけ公開しますね。

一般に1.2倍程度のレバレッジであれば…80%の暴落をしない限りは平気ですよね。

S&P500が80%の暴落ってそれもう核戦争レベルな気はしますから…。

無料記事で細かく語るのは難しいため、すごい保守的にして1.1倍のレバレッジ比率をこの記事では提案しておきます。

※投資はあくまでも自己責任です。過度なレバレッジはやめましょう。また、1.1倍のレバレッジ比率であれば安全であると保証しているわけでもありません。と一応注意書きをしておきます。

IG証券を活用して個別株分析から解放され、新たな株式投資の世界へ🐰

IG証券とのタイアップキャンペーン!

私のブログ限定で、豪華プレゼントキャンペーンを実施中です!

詳しくは以下記事をご覧くださいね!

【無料お試しキャンペーン!】相場予測noteが無料!総額1万円相当!無料で豪華3点セットをプレゼント!今すぐ申し込み!相場予測が当たりまくり!と大評判の【相場予測note】を無料で読める! 総額1万円相当の豪華3点セットを無料プレゼント!という期間...

まとめ

  • レバナスは気軽にレバレッジを掛けることが可能で、非常に人気かつ有力な投資手法。
  • 市場平均に対するレバレッジは、万人向けの再現性を高く担保した上で市場平均をアウトパフォームしやすい戦略。
  • レバナスは毎日2倍複利という問題があるが、デリバティブの利用でこの問題は解決可能。

デリバティブには以下の問題点があります。

  • ①レバレッジ手法によっては金利コストや手数料が負担となる。
  • デリバティブ・インデックス投資で採用しているデリバティブの仕組みが難解かつ、最低取引単位が大きく手が出しにくい。

①と②についてはIG証券のCFD取引で解決可能です。

一般に個別株投資は一過性の勉強で済むものではなく、銘柄を追い研究し続ける必要があるでしょう。これは兼業の一般的な個人投資家には中々難しい作業です。加えて、分析した個別株が市場平均をアウトパフォームするかは不明ですし、好条件の下でも売買の度に往復で44ドル掛かることも考慮すべきでしょう。

例えば市場平均に1.1倍程度のレバレッジを掛けた場合、期待できるリターンは当然ながら市場平均の1.1倍程度となります。個別株分析に力を入れる必要がないので、万人向けの再現性を高く保ちつつ市場平均に対するアウトパフォームを狙うことが可能です。

(毎日n倍複利ではない)単利レバレッジを低金利で掛けることができれば理想ですよね。

これを実現するのがIG証券×東大ぱふぇっとのタッグです。

是非とも市場平均を超越したリターンを獲得してもらえればと思います🐰

具体的な取引手順は以下の記事で解説しています!

【IG証券の使い方】NASDAQ100とSP500の買い方完全ガイド!爆益のチャンス!誰でもできる!【IG証券の取引方法】IG証券の使い方は最初こそ難しく感じるかもしれませんが、実際には非常に簡単です。この記事ではIG証券の使い方を詳しく解説しています。 ...

このページを見ながら1.1倍程度のレバレッジを掛けて20年寝るだけで十分な爆益を得ることが可能となるでしょう🐰

相場予測noteを無料お試しできるキャンペーン!

  • 相場当てまくりの相場予測noteを無料で読める!
  • 秘密の爆益銘柄を無料でチェックできる!
  • 紙書籍が郵送されてくる!
  • 総額1万円相当を無料でプレゼント!

超豪華な特別キャンペーンをIG証券様が実現してくれました!

ダナハーちゃん
ダナハーちゃん
全部無料ですごい🐰❗
  • 私の相場予測を無料で読める!
  • 総額1万円相当のプレゼントを無料でゲットできる!
【読まないと損する!】無料で読める!的中率85%の相場予測noteで爆益を掴み取ろう!【悪用厳禁】イナゴで爆益!大好評の相場予測! 先出しで相場予測を公開しているので、誰でも簡単に真似できます! 私は東大を卒業後、大企業に...

IG証券でしか取り扱っていない投資対象が山ほど存在するため、私のように幅広い投資対象へ投資するなら必須の口座ですね!私自身もIG証券を利用しています!

秘密の爆益銘柄も公開中!

ブログの記事は全て無料で読めますが、【相場予測note】に関しては有料記事となっています。

ダナハーちゃん
ダナハーちゃん
無料記事でもすごいなら、有料記事はもっとすごい!
▼相場予測・神託note

予言書とか言われちゃうレベル!?
驚異の的中率!爆益銘柄の公開!
別格すぎる相場予測を公開中!

カテゴリー一覧
カテゴリー内人気記事