日本株

日本円資産を持つべきか?

東大バフェットです。

日本円資産は持つべきなのか?

全世界株式と全世界株式(除く日本)のどっちを買うべきなのか?

こんな感じの質問を受けましたのでお答えしていこうと思います。

日本円資産を何のために持つのか

日本円資産を持つor持たないという選択の目的は何なのか、をまずは考えなくてはなりませんね。

為替レートが変動しても日本円ベースでの購買力を維持したいからなのか。

日本の成長を取り込みたいからなのか。

投資対象は日本株か日本円現金でしょうか。日本国債は…さすがに買う気になれないですね。

為替リスクをどう考えるか

『為替リスクが怖いから海外ETFではなく投資信託にしてる』的な人をそこそこ見かけますがまるで意味がないので気をつけましょう。S&P500の投資信託を日本円で購入していようと、運用会社がドル転してS&P500を買っている感じをイメージすると良いでしょうか。投資信託であろうと為替の影響を受けることになります。

為替レート変動も考慮に含めた上で、日本円ベースでの購買力を維持したいと考えるのであれば、一定程度の日本円資産を保有しておく手はあるでしょう。

所得を得ているかどうか

資産形成期であれば基本的には日本円で給与を受け取っていくことになりますね。

今後数十年に渡って日本円を稼ぎ続けるのであれば、将来的に手に入る日本円を仮想的に自らのポートフォリオに組み込んだ場合、相当な日本円ベースの購買力を保有していることになりますね。

この点を踏まえると、退職が近づくにつれ日本円ベースの資産を保有するインセンティブが高くなると言えるでしょう。

なお、将来給与を仮想的に自らのポートフォリオに組み込むのであればレバレッジを掛ければ良いという結論に至るわけですが、その辺りは仮想レバレッジポートフォリオnote前編を御覧くださいね。

日本の成長を取り込む方法

米国一辺倒を避ける意味でも日本株をある程度保有するという手はあり得ますね。日本は世界第3位の経済大国であるのですから。

ところで、日本の成長を取り込む方法って株式投資だけなのでしょうか?

成長する国に投資をすれば、当然ながら儲かります。

でも、投資をせずとも儲かる方法だってあるわけです。

具体的には、日本が再成長をするのであれば日本円で稼いでいる給料が向上したり、社会福祉サービスが向上したり…と言ったように、

日本で暮らして日本で働いている以上、日本株に投資をせずとも日本の成長の恩恵を被ることは可能なわけです。

当然ながら、賃金の上昇よりも投資リターンの方が基本的には高くなりますが。

まとめ

日本で暮らして日本で働いている以上、日本の経済成長の恩恵はあなた自身の人的資本の中にある程度織り込まれています。

もしも全世界株式を時価総額加重平均型株価指数で買うのであれば、日本株の割合はおよそ5%程度です。

あなた自身が今後数十年間で生み出す日本円のキャッシュフローをあなたのポートフォリオに織り込んだ場合、日本へのポジションは5%を超えていないでしょうか?

この辺りを踏まえると、日本へ敢えて投資しまくる必要性は薄いのではないか?というのが東大バフェットの考えです。

全世界株式ではなく、全世界株式(除く日本)をわざわざ選択するか…?というと私だったら全世界株式を買ってしまいますけどね。所詮5%程度しか入ってこないのであれば全世界まるごとで良くない…?って思ってしまいますし、それよりも流動性とか投信の規模が気になりますかね。

一方、リタイアを見据えているなり、日本円でのキャッシュフローが無くなりそうなのであれば日本円資産をある程度保有して為替リスク変動に備えておくのは手でしょう。私の場合、強いて日本株インデックスを買うかというと…日本円現金やゴールドを持ってしまいそうな気はしますが。

※投資は自己責任で!ゴッドラック!
にほんブログ村 株ブログ 米国株へ

ダナハーちゃん
ダナハーちゃん
いつも応援ありがとうございます🐰💕
東大バフェット
東大バフェット

本ブログは無料で記事を公開しておりますが、本ブログがお役に立てたようであれば下記noteリンクよりサポートを頂ければ幸いです。

東大グレアム
東大グレアム

より質の良い記事の執筆や更新頻度の向上など、今後の有益な発信のために活用させていただきます!

▼投資の基礎まとめ▼

初心者はまずはコレからスタート!
インデックスでインデックスを上回る!?
別格のインデックス投資を学べます!

▼レバレッジまとめ!(前編)▼

レバレッジを始めたい方向け!
レバレッジ初心者からでも大丈夫!
レバレッジETFで投機ではなく投資をしよう!

▼レバレッジまとめ!(後編)▼

さらに深い理論がここに!
究極のインデックス投資を学べます!

▼リスク管理まとめ!▼

リスク管理が気になる方へ!
注意すべき点をまとめてあります!

▼ポートフォリオ解説!▼

東大バフェットのポートフォリオ!
全体像から解説しています!

ブログ村応援クリックお願いします!
ABOUT ME
東大バフェット
東大卒新卒1年目で資産2000万円を達成。新卒2年目の8月現在では3500万円を運用。投資の長期戦略を超ロジカルに解説します。米国株投資の普及により日本を強くしたいと本気で考えております。米国株ブログPVランキング1位を達成。いつも応援ありがとうございます♪
カテゴリー内人気記事

POSTED COMMENT

  1. コスモ より:

    > 日本で暮らして日本で働いている以上、日本株に投資をせずとも日本の成長の恩恵を被ることは可能なわけです。

    そうなんですが、かと言って日本株を避けて米国株や欧州株にしておけばいいかというとそうでもないと思うんですよね。

    もちろん日本の株式市場は総じて悲観的な取引をされることが多いですが、とはいえ日本株にも良い銘柄はあるわけで。

    例えば、エムスリーや村田製作所、富士フィルムHD、値嵩株になると日本電産や東京エレクトロン、レーザーテック、ニトリホールディングスなども着実に株価を伸ばしていますね。

    なので、僕としては良い銘柄を探していたらたまたま日本株だった、という理由で日本株を保有しています。

    • 東大バフェット より:

      コスモ先生こんにちは!
      日本株は総じて悲観的な市場…つまりインデックス投資がやりにくい市場ですよね。
      とはいえ世界3位(資本主義国では世界2位)の経済大国ですし、当然ながら良い銘柄はあるわけで。

      良い銘柄を見つけたら日本株だった!のパターンなら当然ながら日本株を持つのはありですよね。私自身はSBGをあらゆる意味でのリスクヘッジとして持っていますし。

      ただ、コスモ先生には言わずもがなですが、この記事は基本的にはインデックス投資をする人向けに書いているので適切な銘柄選択が出来ない場合は強いて日本株を持つ必要はないよ的な感じですね…!

COMMENT

メールアドレスが公開されることはありません。