思考法

【思考法】Kyashを活用した超ド安定の年利1%【レバレッジこそ正義】

東大バフェットです。

東大バフェットがちょくちょくおすすめしているKyashですが、今回はKyashの残高に対して年率1%の残高利息が付与されるようになるようです。

Kyashに銀行口座からチャージした分についてはいつでも銀行口座に出金することが可能なので、実質的には現金預金で年利1%と考えることが出来ます。

これを知った時、あることをすれば実質的にタダ取りできる!と思い至ったので思考過程をシェアします。

今回のアプデで追加された機能

残高利息機能について

2020年12月8日より、銀行口座などから入金した残高*1) をお持ちの本人確認アカウントに対して、年利1%の残高利息を毎月残高へ付与するサービスを開始いたします。

通常、前月に1回以上の決済*2) をしていることが残高利息を得る条件ですが、12月*3) はサービスリリースを記念して、本人確認アカウントのお客さまであればどなたでも付与対象となります。

利息の計算は毎日行われ、決済のみに利用できる残高として翌月1日に順次付与いたします。

Kyash公式HPより より

なお、これは出金手数料こそ220円かかるものの、いつでも銀行口座に出金できるようなので、実質的には利率の良い現金預金と考えて差し支えないように思えます。

  • 1円単位で出金が可能です。
    ※出金手数料は一律220円となりますので、「決済や送金、出金に利用できる残高」が出金手数料を下回る場合は出金できません。
  • 一日の出金限度額は100万円となります。

普通の思考の場合

一般的に現金預金で年利1%というのは超絶お得な金利ですので、全ての現金をKyashにぶち込むレベルですね。銀行の預金金利と比べたら桁違いですからね。

株を知っている人の思考の場合

インデックス投資を行っている場合、長期的に見たら年率1%よりも高いリターンが期待できますね。

とすると、いわゆる生活防衛資金をKyashに入れた上で、残った資金を株にぶち込むと言った感じになりますね。

東大バフェットが抱いた感想

では、Kyashで年利1%付くという情報を知った時の東大バフェットの思考回路を垂れ流してみましょう。

ちなみに年利1%を聞いた瞬間に即座に思いついた作戦なので、まあそのへんは…ね?

東大バフェットの壊れた思考の場合

東大バフェット
東大バフェット

まず、2000万円をKyashにぶちこみます。

ダナハーちゃん
ダナハーちゃん

2000万円を年利1%で満足させちゃうの!?!?

東大バフェット
東大バフェット

次に、500万円をレバレッジ用口座に入金して5倍レバレッジを掛けます(超真顔)

※これで2500万円分のポジションをS&P500に取ることが可能なのです。

ダナハーちゃん
ダナハーちゃん
うわ・・・。

たったこれだけで、S&P500の期待リターンに加えて年利1%が上乗せされますwww

ちなみにレバレッジETFを使うと経費率及び毎日3倍複利の減価でKyashの年利1%以上に損をするので、、、仮想レバレッジポートフォリオnote後編のやり方が必須となります(白目)

ダナハーちゃん
ダナハーちゃん
レベルが高い!!   

実現可能性

少し調べましたが、Kyashの残高は100万円が上限でした(ここで計画は詰む)

つまり最大でも年間1万円のポイントですね。まあ生活防衛資金を100万円入れておく場所としてはありですね。

また、Kyashはクレカからチャージして支払いに充てることで、クレカのポイントとKyashの決済ポイントの2重取りが可能です。

100万円を銀行口座からチャージした時点でクレカからのチャージはできなくなってしまうので、この分の機会損失を計算しないといけません(超ロジカル)

今回の改正により、クレカからのチャージでは毎月500ポイントが還元上限となっています。つまり年間6000ポイントが上限ですね。

クレカ決済を毎月5万円以上するなら手に入っていたはずの6000ポイントが手に入らなくなってしまうので、実質年利は100万円を預けた場合でも4000円(0.4%)となります。

100万円の現金を安全資産的な意味で置いておく意味では0.4%の金利(年間4000ポイント)はありかもしれませんが…。出金手数料が1回220円かかるみたいなので、頻繁に出し入れするようだとお得感がどんどん薄れていきますね。

見落としがあるかもしれないので、もしもKyashに100万円入れようと思っている方がいる場合にはご自分で必ず調べてくださいね。

例)Kyashが倒産した場合の100万円の扱いなど

Kyashまとめ

  • Kyashはクレカとポイント2重取り出来てお得!
  • Kyash預金については年利自体はお得だが、今までKyashのポイントバックをフル活用していた人にとっての実質年利は100万円を預けた場合で0.4%になる(まあ制度改正がすぐあるかもしれませんが)

東大バフェットとしては今まで通りKyashにクレカを紐付けてポイントの2重取りを続ける感じになりそうです。

この記事のまとめ

まあこの記事で言いたかったのはKyashをどう活用するか?という話ではありません。

年利1%の預金というものを見た時に、どうにか活用できないか?という思考回路をシェアしたいという記事ですね!

今回の場合は諸条件…つまりKyashの残高上限が100万円しかなかった点が大きなネックだったのでうまく行きませんでしたが、仮に1億円が残高上限であれば、仮想レバレッジポートフォリオnote後編を理解していれば簡単に年利1%の上乗せが出来たわけですからね。レバレッジに必要なお金以外を全部Kyashにぶち込んで年利1%のポイントを貰いつつ株も持つのがロジカル🐰💕

  • レバレッジを理解していると資金運用効率が上がる
  • 現金年利1%案件にぶち込んだ上で同数のレバレッジを掛けるのがロジカル
  • こういう思考を知っておくとどこかで活きるかも!?
  • 東大バフェットの思考回路はぶっ飛んでる…?

レバレッジに抵抗がある方も、知っておくと思考の幅が広がるかもしれませんね。

思考がぶっ飛んでると思った人はブログ村に投票だ!!!(久しぶりの投票乞食)

※投資は自己責任で!ゴッドラック!
にほんブログ村 株ブログ 米国株へ

ダナハーちゃん
ダナハーちゃん
いつも応援ありがとうございます🐰💕
東大バフェット
東大バフェット

本ブログは無料で記事を公開しております。お役に立てたようであれば、以下のまとめ記事もぜひご覧くださいね!

ダナハーちゃん
ダナハーちゃん

無料記事でもすごいなら、有料記事はもっとすごい…!?

▼投資の基礎まとめ▼

初心者はまずはコレからスタート!
インデックスでインデックスを上回る!?
別格のインデックス投資を学べます!

▼レバレッジまとめ!(前編)▼

レバレッジを始めたい方向け!
レバレッジ初心者からでも大丈夫!
レバレッジETFで投機ではなく投資をしよう!

▼レバレッジまとめ!(後編)▼

さらに深い理論がここに!
究極のインデックス投資を学べます!

▼リスク管理まとめ!▼

リスク管理が気になる方へ!
注意すべき点をまとめてあります!

ABOUT ME
東大バフェット
東大卒新卒1年目で資産2000万円を達成。現在は金融資産3000万円+海外不動産に2000万円を投資。デリバティブを用いた高度なレバレッジ戦略を実践しています。投資はギャンブルという誤解を消し去り、米国株投資の普及により日本を強くしたいと本気で考えております。米国株ブログPVランキング1位を達成。いつも応援ありがとうございます♪
カテゴリー内人気記事