不動産投資

不動産投資のロジカルなやり方

東大バフェットです。

不動産投資のやり方について、なぜか延々と聞かれ続けたりするので、ロジカルにまとめてみますね。

なんか前にもまとめたことがある気がしますが…。

なおこれはあくまでも東大バフェットの私見です。もちろん個人ブログですし株に関しても個人的な私見ですがね。

投資は自己責任で!

不動産投資をやる意義

本ブログをご覧の方であれば株式投資を行っているのは自明ですね。

株式投資と比較したときに不動産投資が有利になる点としては以下のようなものが挙げられるでしょう。※あくまでも私見です。

  • 銀行から借金をして不動産投資を行える
    ※一般的に、株式投資のために銀行から低金利で借金をするのは難しいと思われます。
  • コネを活かせば格安物件など条件の良い物件を入手できうる

では順に見ていきましょう。

不動産投資のレバレッジ効果

不動産投資は銀行から融資を受けて借金をして投資をすることができますね。

自己資金以上の資産を保有して運用することでレバレッジ効果を得ることが出来ますね。

これは大きな魅力の1つです。

住宅ローンを組んで不動産を買うのも一種のレバレッジですね。

ところで、本ブログをご覧の方であれば株式投資においてもレバレッジを掛ける方法をご存知のはずです。

信用買いもレバレッジの1つですね。

レバレッジETFもレバレッジの1つですね。仮想レバレッジポートフォリオnote前編ではレバレッジETFについてまとめています。

東大バフェットはレバレッジETFを用いずに株式へレバレッジを掛けています。仮想レバレッジポートフォリオnote後編にこの辺りはまとめてあります。

株式(ペーパーアセット)であれば市場が開いているときなら基本的にいつでも売買が可能ですね。一方で現物不動産の即座の売買は困難でしょう。

また、現物の不動産の場合は情報の非対称性が株式よりも強いですね。

基本的にはペーパーアセットでレバレッジを効かせたほうが良いでしょう。※あくまでも私見です。

仮想レバレッジポートフォリオnote後編に書いている方法がペーパーアセットでレバレッジを掛ける上では最も良い手段だと東大バフェットは考えております。※あくまでも私見です。

コネを活かす

基本的にはペーパーアセットの方が手軽にレバレッジを効かせることができるため、以下のような物がない場合、強いて不動産投資に手を出す必要性は薄いかと考えております。

  • 親が地主/親が不動産投資をしている
  • 不動産会社に勤務している
  • 不動産会社の重役とコネがある
  • 銀行のおエライさんとのコネがある

適当に例を挙げただけですが、不動産投資の場合はコネ・人脈を活かすことで割安な不動産や条件の良い不動産を入手することが可能となります。

不動産投資に挑戦する上で何らかの好条件を持っている場合は、挑戦してみるのも手かもしれませんね。

また、ペーパーアセットで数億円の資産を保有している場合には、リスク分散の意味を兼ねて少しばかり不動産投資を行うのも手かもしれません。

プチまとめ

  • 不動産投資には『レバレッジ効果』『コネを使った格安物件入手』というメリットがあり得る
  • レバレッジ効果についてはペーパーアセットでも十分可能である
  • よってコネが重要

以上が東大バフェットの個人的な見解です。

コネを手に入れることが不動産投資においては肝要だというのが持論ですね。※あくまでも持論です。

コネの重要性

一般的な国内不動産投資の場合、銀行でお金を借りて投資を行い、毎月家賃を受け取りつつローンを返済しつつ…といった形になるでしょうか。

では一般的ではない国内不動産投資の場合はいかがでしょうか。

例えばですが、キャバ嬢がお客さんにマンションを買ってもらった話とかありますよね。

そのキャバ嬢の金融資産がたとえ50万円だとしても、お客さんに億ションを買ってもらえたら一気に時価1億円以上の物件を入手できるわけですね。※税金とかどうなってるのかわからないですが…。

東大バフェットの持っているコネ

個人的な内容なのであまり書きたくはないのですが、まあ少しばかり書きますね。

東大バフェットは国内不動産会社の社長とコネを持っています。いつでも電話を掛けれますし、投資用不動産売買部の部長を担当につけてもらっています。※但し国内不動産投資については投資するに至りませんでした。

そして海外不動産会社のそこそこおエライさんとのコネがあります。ここで提示して頂いた条件が国内不動産投資と比較して非常に有利であったため、海外不動産投資を行うに至りました。

なお、仮想レバレッジポートフォリオnote後編で述べているようなペーパーアセットでのレバレッジ手法を踏まえた上でも、それでもなお海外不動産投資をする価値があると判断できるくらいには好条件でした。まあお客さんに億ションを買ってもらったキャバ嬢と比較したら悪い条件ですが…。

まとめ

  • 基本的には株式投資(ペーパーアセット)がおすすめ!
  • レバレッジを掛けるにせよ、仮想レバレッジポートフォリオnote後編の内容で良いと思います!
  • 良いコネを持っていたり、莫大な資産を持っていてリスク分散をしたかったりするなら、不動産投資も良いかもしれません!
  • 東大バフェットはコネを使って海外不動産投資を行っています!国内不動産投資よりかなり良い好条件でした!
  • 億ションをプレゼントされちゃうキャバ嬢だっていますしコネの力は恐ろしい。

※投資は自己責任で!ゴッドラック!

▼投資の基礎まとめ▼

初心者はまずはコレからスタート!
別格のインデックス投資を学べます!

▼リスク管理まとめ!▼

リスク管理が気になる方へ!
注意すべき点をまとめてあります!

▼レバレッジまとめ!(前編)▼

レバレッジを始めたい方向け!
レバレッジ初心者からでも大丈夫!

▼レバレッジまとめ!(後編)▼

さらに深い理論がここに!
究極のインデックス投資を学べます!

ブログ村応援クリックお願いします!

ABOUT ME
東大バフェット
東大バフェット
東大卒新卒1年目で資産2000万円を達成。新卒2年目の8月現在では3500万円を運用。投資の長期戦略を超ロジカルに解説します。米国株投資の普及により日本を強くしたいと本気で考えております。米国株ブログPVランキング1位を達成。いつも応援ありがとうございます♪
カテゴリー内人気記事

COMMENT

メールアドレスが公開されることはありません。