株主優待

株主優待の合理性を考察する

※アイキャッチ画像は楽天証券より引用

 

ガブリアヌス
ガブリアヌス

ぶっちゃけ、株主優待をなくして配当増やすか自社株買いをした方が合理的じゃない?

東大バフェット
東大バフェット

そうですね! と言いたいところですが…、一応ちょっとだけロジカルに考えてみました。

※例のごとく、論理で殴れば知識は増えるという怠惰な思想のもとで書いております。

 

優待が届くのは嬉しい

株主優待って届いたら嬉しいですよね。現に東大バフェットもヤマダ電機を優待目的で100株保有しています。

ちなみにサテライト部分での保有です。サテライト部分云々言うことで一切合切の批判から逃れようという魂胆ですね。うわー、ずるいなー。

ちなみに「優待が届きました」系の記事を書くのはやめました。投資で儲かってるし、ブログで稼がなくてもいいや。記事有料にして、初心者の方から巻き上げるのも嫌だし。

とはいえドルコスト平均法の記事をなんも理解せずに便乗記事書いて稼いでいる人がいるのも癪なので、もし良かったらアマギフください。

話めっちゃ逸れるんですが、和製バフェット将軍マジで神ですね。30万円くれたのでおかげさまでブロガーじゃなくて投資家になれますわ。いやその、しょっちゅうブロガーになりかけてますが。。。

株主優待に金銭面以外での合理性はないか?

さて、株主優待制度の金銭面での弱点を挙げてみましょうか。

  • わざわざカタログを作ったり、
  • 発送業務をしたり、
  • 送料を払ったり、
  • 株主優待クロス取引勢にも優待を送ったり・・・

だったら優待なんて廃止して、配当金か自社株買いをすれば良いのでは???

ってなりますよね。でも、もしかしたら金銭面でのこうした負担をも上回るメリットがあるのかもしれません。

例えば今思いついたものを適当に列挙すると、

  • 認知率向上・宣伝(あの会社の株主優待、クオカードもらえるんだってよ!!!)
  • 顧客の囲い込み及び自社製品への理解向上(ヤマダ電機専用の商品券を配布!)
  • 株主の人数を増やす(たしか東証一部上場の要件に株主の数とかいう要件が合った気がしなくもない)
  • 優待目的での保有(一応ロジカルを目指しているらしい東大バフェットとかいう人も、サテライト部分だから~とかいってヤマダ電機を100株持っているらしい。ただの高利回り株だったら買ってない)

とかですね。こうした金銭面以外でのメリットがあり得るかもしれないですね。

株主優待の経済的合理性を考える

さて、Twitterの便利さを示すわけですが、以下のように適当に思ったことを書き殴ったわけですよ。

株主優待って発行するときに税金かかってたりしないですよね?たぶん

とすると配当1000円もらって税引き後800円になるより、 1000円の金券もらって金券ショップで現金化して950円もらう方がお得ではありそう

※株主優待の諸々手続きの費用がなければそもそも配当1200円もらえる可能性は未考慮

ありがたいことに諸先輩方から色々なコメント及び知識を頂きました。

※名前をブログに書かれたくない方もいらっしゃるかもしれないので、匿名かつ若干リライトした上でブログに載せますね。

株主側の節税メリット

株主優待は今のところはグレーゾーンとしてお目溢ししてもらっているが、本来は雑所得として申告が必要。

→黙認状態においては、「配当1000円もらって税引き後800円になるより、 1000円の金券もらって金券ショップで現金化して950円もらう方がお得ではありそう」という論理は成り立ちそう。(そのくらいで売れるような金券ならですが。クオカードとかクオカードとか)

会社側のメリット

株主優待を出すために必要な費用を経費として扱えるみたいです。軽くググったところ、広告宣伝費として認められれば企業側にも節税メリットがあるっぽい。

 

証券会社側のメリット

これは証券会社への批判になり得るのであまり書きませんが、ぶっちゃけ株主優待を煽って一番儲かるのって、手数料を取れる証券会社ですよね?

株主優待クロス取引の構造って、

  • 証券会社は手数料を取れて儲かる
  • 個人の株主は(手数料<優待)であれば儲かる
  • 企業は優待発行分損をする

って感じですよね?(論理で殴っただけだから間違ってるかも)

この構造である以上、

良い優待を設定する

証券会社が「この優待いいよ!」と勧める

宣伝になる

ってなりませんかね。

まとめ

ぶっちゃけ東大バフェットは、

「優待制度なんて廃止してとっとと自社株買いして、日本に強いインデックス指標を作ってくれ」

と思っています。ところが上記のような事情?を考えると難しいのかも。一瞬考えただけでもそこそこメリット出てきたので、もっと考えたらもっと出てくるかも。

いやどうでもいいんですが、ゴミ企業を除外して強そうな企業を集めた強いインデックス指標を日本にも作ってください。

あと、株主優待クロスを否定はしていませんよ。現状の制度の中で賢く資産を増やす手段ではあると思うので。そもそも東大バフェットも、ポイント目当てで投信15個毎日積立してましたし。

個人的には株主優待制度を廃止して全部自社株買いにして、右肩上がりのインデックス指標を日本にも作ってもらいたいです。

でもまあ上記の構造のせいで、株主優待制度にもメリットがあるのかもなぁと思った次第です。極めて公平性の高い記事ですね。おしまい。

※投資は自己責任で!ゴッドラック!

▼投資の基礎まとめ▼

初心者はまずはコレからスタート!
別格のインデックス投資を学べます!

▼リスク管理まとめ!▼

リスク管理が気になる方へ!
注意すべき点をまとめてあります!

▼レバレッジまとめ!(前編)▼

レバレッジを始めたい方向け!
レバレッジ初心者からでも大丈夫!

▼レバレッジまとめ!(後編)▼

さらに深い理論がここに!
究極のインデックス投資を学べます!

ブログ村応援クリックお願いします!

ABOUT ME
東大バフェット
東大バフェット
東大卒新卒1年目で資産2000万円を達成。新卒2年目の8月現在では3500万円を運用。投資の長期戦略を超ロジカルに解説します。米国株投資の普及により日本を強くしたいと本気で考えております。米国株ブログPVランキング1位を達成。いつも応援ありがとうございます♪
カテゴリー内人気記事

COMMENT

メールアドレスが公開されることはありません。