旧ポートフォリオ

【リセッション対策】シンプルなポートフォリオの方が耐えれるのでは?

景気後退、株価の暴落、怖いですよね。

正直に言って、東大バフェットも暴落に耐えれるか不安です。

ところで、配当金にのみ着目することで精神的なメリットが得られるのは分かるのですが、果たしてそれで狼狽売りを避けられるのでしょうか?

景気後退期に株価が暴落しているのを頻繁に耳にする中で、総資産を一切見ずに配当金にのみ着目出来る人って、その時点ですごく精神力が高いのではないでしょうか?

東大バフェットの場合、怖くて見ちゃいますよ・・・。

シンプルなポートフォリオの方が良いのでは

シンプルなポートフォリオ、つまりインデックス投資やセクター別ETF投資ですね。

最もシンプルなポートフォリオはVOO100% or VT100%でしょう。

20年後に米国or世界が成長していると信じられるなら、インデックス投資をしておけば暴落にも耐えられます。

東大バフェットはVOO+VGTがポートフォリオの中核です。

毎月の投資もシンプルで、5~10万円をVTIに連動した投資信託へ機械的に投資しております。

暴落時にも、この中核部分は狼狽売りせずに抱え続けることができるでしょう。

 

VOO+VYMで、配当金にのみ着目してはどうか?

高配当株への再投資戦略のポイントって、配当金にのみ着目することで短期的な株価の上下に一喜一憂しないことですよね?たぶん。あとは可処分所得の可視化?

であれば、VOO+VYMとかを保有して、配当金にのみ着目して10年くらい生活していれば、総資産めっちゃ増えるのでは?

まあ、配当金にのみ着目すると配当金の上がり具合は高配当株投資に劣るので無理なのでしょうか。

今後いつかは訪れるであろう暴落局面において、高配当株を抱え続けることって出来るのでしょうか。

VOOのような指数であれば、長期で見ればそのうち上向くと信じて耐えれると思うのですが。

高配当株個別株って、本当にそのうち上向くのか不安で仕方ないと思うんですよね・・・。その状況下でも狼狽売りしない精神力があるのって相当すごいことだと思います。

※投資は自己責任で!ゴッドラック!

▼投資の基礎まとめ▼

初心者はまずはコレからスタート!
別格のインデックス投資を学べます!

▼リスク管理まとめ!▼

リスク管理が気になる方へ!
注意すべき点をまとめてあります!

▼レバレッジまとめ!(前編)▼

レバレッジを始めたい方向け!
レバレッジ初心者からでも大丈夫!

▼レバレッジまとめ!(後編)▼

さらに深い理論がここに!
究極のインデックス投資を学べます!

ブログ村応援クリックお願いします!

ABOUT ME
東大バフェット
東大バフェット
東大卒新卒1年目で資産2000万円を達成。新卒2年目の8月現在では3500万円を運用。投資の長期戦略を超ロジカルに解説します。米国株投資の普及により日本を強くしたいと本気で考えております。米国株ブログPVランキング1位を達成。いつも応援ありがとうございます♪
カテゴリー内人気記事

COMMENT

メールアドレスが公開されることはありません。