株式投資の方針

運用額・年間投資額の比率で最適ポートフォリオは異なる!

運用額と年間投資額って当然ながら人それぞれ異なりますよね。

なのに十把一絡げに「これが最適ポートフォリオだ!」という人が多いです(東大バフェット調べ)

今回は、運用額と年間投資額の比率によって最適ポートフォリオが異なることを示します。

 

ケース1,初期運用額100万円、毎月10万円投資

運用している資産は以下のように推移しますよね。(実際はここにリターンが載りますが、今はひとまず置いときます)

DATE 運用額合計 追加投資額合計 当初の資産
初期 100 0 100
1ヶ月目 110 10 100
2ヶ月目 120 20 100
・・・
1年後 220 120 100

 

このようになりますよね。

ここで、1年後の値に着目しましょう。

この人の場合、1年間の投資計画を考える際において、運用額100万円+現金120万円を持っている状態ということです。

グラフにするとこうなります。

めちゃくちゃ保守的なポートフォリオですよね。
ぶっちゃけ思考停止でフルインベストメントして良いでしょう。

ケース2,初期運用額1000万円、毎月10万円投資

運用している資産は以下のように推移します。(実際はここにリターンが以下略)

DATE 運用額合計 追加投資額合計 当初の資産
初期 1000 0 1000
1ヶ月目 1010 10 1000
2ヶ月目 1020 20 1000
・・・
1年後 1120 120 1000

このようになりますよね。勘の良い方ならお気づきかもしれませんが、
この人の場合、1年間の投資計画を考える際において、運用額1000万円+現金120万円を持っている状態ということです。

グラフにするとこうなります。


さっきと全然違いますよね。
思考停止でフルインベストメントして良い、とまでは言えなくなります。

結論

現在の運用額と年間投資額の比率によって、その人のポートフォリオの潜在的なリスク度は大きく異なります。

運用額が少なければ少ないほど、年間投資額が大きければ大きいほど、ポートフォリオに占める現金の割合が大きくなっているということです。


実質的にはポートフォリオの内訳がこんなにも異なります。

人それぞれのリスク許容度にあったポートフォリオを構築する上で、
運用額と年間投資額の比率が重要ということが理解頂けたかと思います。

株式投資において最も重要なことは、継続することです。人それぞれリスク許容度にあったポートフォリオを構築しましょう。

※ちなみに東大バフェットは暴落が怖いので、長期で見ると債券リターンは株式リターンに劣後することを理解した上で、債券ETFに若干の割合を割いています。

※投資は自己責任で!ゴッドラック!

▼投資の基礎まとめ▼

初心者はまずはコレからスタート!
別格のインデックス投資を学べます!

▼リスク管理まとめ!▼

リスク管理が気になる方へ!
注意すべき点をまとめてあります!

▼レバレッジまとめ!(前編)▼

レバレッジを始めたい方向け!
レバレッジ初心者からでも大丈夫!

▼レバレッジまとめ!(後編)▼

さらに深い理論がここに!
究極のインデックス投資を学べます!

ブログ村応援クリックお願いします!

ABOUT ME
東大バフェット
東大バフェット
東大卒新卒1年目で資産2000万円を達成。新卒2年目の8月現在では3500万円を運用。投資の長期戦略を超ロジカルに解説します。米国株投資の普及により日本を強くしたいと本気で考えております。米国株ブログPVランキング1位を達成。いつも応援ありがとうございます♪
カテゴリー内人気記事

COMMENT

メールアドレスが公開されることはありません。